> 続きを見る
eコマース業界の“今”を分かりやすく、そして網羅的にマップ化した「eコマース業界カオスマップ」をeコマースコンバージョンラボと日本ネット経済新聞の共同企画で作成。可能な限りeコマース業界の今を中立的に
eコマース業界カオスマップ2016 - CRMサービス編

eコマース業界カオスマップ2016 - CRMサービス編

2016.09.30
 > 続きを見る
Amazonが展開するAmazonプライムサービス。世界に目を向けると各地域によって、Amazonプライムとは言ってもさまざまなサービスが展開されている。今回は、海外の各地域でのAmazonプライムを
顧客囲い込みを着実に進めるAmazon - 各国でのサービス展開から日本のAmazonプライムのこれからを考える

顧客囲い込みを着実に進めるAmazon - 各国でのサービス展開から日本のAmazonプライムのこれからを考える

2016.09.21
 > 続きを見る
ここ数年、EC業界においてバズワードとなりつつある「越境EC」。日本企業が中国などの海外の消費者に対して商品を販売する際に、国内で展開しているような形で自社サイトを持ちたいというニーズが最近は増えてき
海外展開向けECパッケージ - 海外進出のための言語・決済・物流・オムニチャネルのシステム対応

海外展開向けECパッケージ - 海外進出のための言語・決済・物流・オムニチャネルのシステム対応

2016.09.14
 > 続きを見る
eコマース業界の“今”を分かりやすく、そして網羅的にマップ化した「eコマース業界カオスマップ」をeコマースコンバージョンラボと日本ネット経済新聞の共同企画で作成。可能な限りeコマース業界の今を中立的に
eコマース業界カオスマップ2016 - 転換率向上サービス編

eコマース業界カオスマップ2016 - 転換率向上サービス編

2016.09.05
 > 続きを見る
ハンドメイドマーケットECはC2Cコマースの走りとして2013年頃から国内のEC市場を賑わせている。米国ではEtsyが2005年にサービスをリリースしているので、既に10年以上も経過していることになる
根強く浸透するハンドメイドマーケットEC - Etsy、Creema、minne、Pinkoiの見据える未来

根強く浸透するハンドメイドマーケットEC - Etsy、Creema、minne、Pinkoiの見据える未来

2016.09.01
 > 続きを見る
eコマース業界の“今”を分かりやすく、そして網羅的にマップ化した「eコマース業界カオスマップ」をeコマースコンバージョンラボと日本ネット経済新聞の共同企画で作成。可能な限りeコマース業界の今を中立的に
eコマース業界カオスマップ2016 - EC決済サービス編

eコマース業界カオスマップ2016 - EC決済サービス編

2016.08.29
 > 続きを見る
EC業界は既にある程度の市場が形成されてきており、大きな市場変動を起こし影響力を一気に拡大するには資金調達や買収は欠かせなくなってきている。ここ半年程度に絞ってみても海外のEC業界では大きな資金調達や
うねり続ける海外の資金調達・買収 - 目立つ国境も業種も跨いだ思惑

うねり続ける海外の資金調達・買収 - 目立つ国境も業種も跨いだ思惑

2016.08.17
 > 続きを見る
eコマース業界の“今”を分かりやすく、そして網羅的にマップ化した「eコマース業界カオスマップ」をeコマースコンバージョンラボと日本ネット経済新聞の共同企画で作成。可能な限りeコマース業界の今を中立的に
eコマース業界カオスマップ2016 - EC集客サービス編

eコマース業界カオスマップ2016 - EC集客サービス編

2016.08.12
 > 続きを見る
中国で越境ECプラットフォームを展開するYmatouは「2016年度上半期中国海外消費者のレポート」を発表した。それによると、オンラインの越境ECマーケットは、2015年度は約16兆円にのぼり中国国内
【中国ECニュース】2016年上半期中国での海外からのEC購入レポート - 日本のインテリア、デジタル製品、化粧品は人気

【中国ECニュース】2016年上半期中国での海外からのEC購入レポート - 日本のインテリア、デジタル製品、化粧品は人気

2016.08.05
 > 続きを見る
eコマース業界の“今”を分かりやすく、そして網羅的にマップ化した「eコマース業界カオスマップ」をeコマースコンバージョンラボと日本ネット経済新聞の共同企画で作成。可能な限りeコマース業界の今を中立的に
eコマース業界カオスマップ2016 - ECサイト構築システム編

eコマース業界カオスマップ2016 - ECサイト構築システム編

2016.07.25
 > 続きを見る
ファッションレンタルECサービスは数年前から米国で流行し日本にも上陸。ここ一年半程度で急激に国内でも提供サービスが増えてきている。多くのサービスは定額制や借り放題、返却期限無制限などユーザーに最大限の
徐々に浸透するファッションレンタルECサービス - 主要12サービスまとめと今後

徐々に浸透するファッションレンタルECサービス - 主要12サービスまとめと今後

2016.07.20
 > 続きを見る
越境ECを展開したいEC事業者向けの支援サービスが活況を呈してきている。今回は、そのような越境ECを支援するサービスを海外の消費者からどのように日本商品を購入することが出来るのか、という視点にたって、
越境ECを支援するサービス徹底解剖 - 海外の消費者から見た場合に日本商品をどのように購入することができるのか

越境ECを支援するサービス徹底解剖 - 海外の消費者から見た場合に日本商品をどのように購入することができるのか

2016.07.13
 > 続きを見る
eコマース業界の“今”を分かりやすく、そして網羅的にマップ化した「eコマース業界カオスマップ」をeコマースコンバージョンラボと日本ネット経済新聞の共同企画で作成。可能な限りeコマース業界の今を中立的に
eコマース業界カオスマップ2016 - 越境EC編

eコマース業界カオスマップ2016 - 越境EC編

2016.07.04
 > 続きを見る
世界有数の親日国として知られるマレーシアは、現在大規模な国家プロジェクトが進んでおり、ASEAN地域を代表する経済大国になる可能性を秘めている。今回はマレーシアのEC市場の現状についてみていき、その攻
マレーシア越境EC市場への攻め込み方 - 世界有数の親日国を攻略せよ

マレーシア越境EC市場への攻め込み方 - 世界有数の親日国を攻略せよ

2016.06.28
 > 続きを見る
オンラインでネットショッピングサイト、通販サイトを構築する際の主要な選択肢となるショッピングモール。国内だと、楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピング、DeNAショッピングなどがある。今回は後
【鉄則】モールで月商100万円を目指すために行うべきこと(後編) - 楽天・Yahoo!ショッピングのページ作成と日々の業務

【鉄則】モールで月商100万円を目指すために行うべきこと(後編) - 楽天・Yahoo!ショッピングのページ作成と日々の業務

2016.06.21
 > 続きを見る
ECサイト事業者にとって決済手数料というのは長年当たり前のように背負わされてきた十字架だ。しかし、ここ最近、その決済手数料をサービス事業者が肩代わりすることでECサイト事業者には決済手数料を無料で提供
決済手数料無料という革命はEC業界で成功するのか - 各社が思い描く未来予想図はEC事業者をどこまで虜に出来るのか

決済手数料無料という革命はEC業界で成功するのか - 各社が思い描く未来予想図はEC事業者をどこまで虜に出来るのか

2016.06.14
 > 続きを見る
eコマース業界の“今”を分かりやすく、そして網羅的にマップ化した「eコマース業界カオスマップ」をeコマースコンバージョンラボと日本ネット経済新聞の共同企画で作成。可能な限りeコマース業界の今を中立的に
eコマース業界カオスマップ2016 - 運営業務管理編

eコマース業界カオスマップ2016 - 運営業務管理編

2016.06.09
 > 続きを見る
EC業界ではここ数年“O2O”や“オムニチャネル”といったキーワードで、オンラインと店頭を連携させる取り組みが増えてきており、ECサイトでの集客や売上アップを目指すだけでなく、実店舗への集客も、スマホ
乱立する来店ポイントアプリはECサイトのオムニチャネルを活性化することができるのか

乱立する来店ポイントアプリはECサイトのオムニチャネルを活性化することができるのか

2016.06.01
 > 続きを見る
eコマース業界の“今”を分かりやすく、そして網羅的にマップ化した「eコマース業界カオスマップ」をeコマースコンバージョンラボと日本ネット経済新聞の共同企画で作成。可能な限りeコマース業界の今を中立的に
eコマース業界カオスマップ2016 - ショッピングカート編

eコマース業界カオスマップ2016 - ショッピングカート編

2016.05.26
 > 続きを見る
ここ1年程度で急激にEC業界のバズワードに躍り出た“越境EC”。しかし、まだ越境ECに本格的に着手できない日本企業が多いのが現状だ。そこで今回は、中国国内で企業も商品も全く知られていない状態から、We
中国越境ECで2大SNSのWeibo・WeChatでどのように消費者にアプローチし、初期認知を獲得してブランディングしていくのか

中国越境ECで2大SNSのWeibo・WeChatでどのように消費者にアプローチし、初期認知を獲得してブランディングしていくのか

2016.05.24

人気のエントリー