> 続きを見る
eコマース業界の“今”を分かりやすく、そして網羅的にマップ化した「eコマース業界カオスマップ」をeコマースコンバージョンラボと日本ネット経済新聞の共同企画で作成。可能な限りeコマース業界の今を中立的に
eコマース業界カオスマップ2016 - ショッピングカート編

eコマース業界カオスマップ2016 - ショッピングカート編

2016.05.26
 > 続きを見る
ここ1年程度で急激にEC業界のバズワードに躍り出た“越境EC”。しかし、まだ越境ECに本格的に着手できない日本企業が多いのが現状だ。そこで今回は、中国国内で企業も商品も全く知られていない状態から、We
中国越境ECで2大SNSのWeibo・WeChatでどのように消費者にアプローチし、初期認知を獲得してブランディングしていくのか

中国越境ECで2大SNSのWeibo・WeChatでどのように消費者にアプローチし、初期認知を獲得してブランディングしていくのか

2016.05.24
 > 続きを見る
ヤフオクなどマーケットプレイスや国外のECサイトでは偽造品を目にすることがある。海外ではオンラインで流通する偽造品の存在が無視できない状況になっていることもあり、モールやマーケットプレイスを運営してい
ECモール・マーケットプレイスで流通する偽造品を撲滅できるか - 国内外の取り組みから見える3つの方策

ECモール・マーケットプレイスで流通する偽造品を撲滅できるか - 国内外の取り組みから見える3つの方策

2016.05.17
 > 続きを見る
ECサイトを運営していると、競合店舗はどのような売上推移をしているのだろうか、どのような施策を行っているのだろうか、など非常に気になることが多いだろう。今回はそのようなデータをビッグデータ的に解析する
【ECビッグデータ分析】イベント商戦時期の売上ピークと有名店の施策を見る

【ECビッグデータ分析】イベント商戦時期の売上ピークと有名店の施策を見る

2016.05.11
 > 続きを見る
ECサイトで成功したEC専業企業が実店舗への展開を行うケースは2010年のオイシックスを皮切りにや楽天、オーマイグラス、@コスメなど以前から見られたが、ここにきて実店舗への展開の動きが再度加速してきて
加速するEC専業企業の実店舗展開が意味する「実店舗とECサイトの役割」

加速するEC専業企業の実店舗展開が意味する「実店舗とECサイトの役割」

2016.04.27
 > 続きを見る
オンラインでネットショッピングサイト、通販サイトを構築する際の主要な選択肢となるショッピングモール。国内だと、楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピング、DeNAショッピングなどがある。今回はそ
【鉄則】モールで月商100万円を目指すために行うべきこと(前編) - 楽天・Yahoo!ショッピングの基本運用ステップと顧客認知獲得

【鉄則】モールで月商100万円を目指すために行うべきこと(前編) - 楽天・Yahoo!ショッピングの基本運用ステップと顧客認知獲得

2016.04.19
 > 続きを見る
ECサイトの浸透に伴い、ECサイト単体での施策はある程度限界に到達してきている。そのため、多くの企業で実店舗との連携など様々なオムニチャネル施策を伴ったリニューアルや取り組みが行われている。今回はその
オムニチャネル機能の実装が進むECパッケージとカート - どこまでシンプルにオンラインと店舗を連携することができるのか

オムニチャネル機能の実装が進むECパッケージとカート - どこまでシンプルにオンラインと店舗を連携することができるのか

2016.04.13
 > 続きを見る
ここ数年で急激な成長を見せ、EC業界に大きな影響を与えているのが「メルカリ」などを代表とするフリマアプリだ。個人間で気軽に売買ができるフリマアプリは、メルカリの他にも、「Fril」、「LINE MAL
激動するフリマアプリ市場のこれまでとこれから - メルカリは世界を獲れるのか

激動するフリマアプリ市場のこれまでとこれから - メルカリは世界を獲れるのか

2016.04.06
 > 続きを見る
今年も大手のECモール・カート・アプリや、パッケージなどの2015年の流通総額の数値データが出揃ってきた。今回は国内外の各主力プレイヤーの値を中心に紹介していき、それぞれの市場のトレンドを見ていく。
ECモール・カート・アプリの2015年流通総額まとめ - 国内12・海外7の各主力プレイヤーの値から見る市場トレンド

ECモール・カート・アプリの2015年流通総額まとめ - 国内12・海外7の各主力プレイヤーの値から見る市場トレンド

2016.03.30
 > 続きを見る
サイトに訪問したユーザに対してクーポンなどを表示してコンバージョン率を高める“Web接客サービス”。ここ1~2年の間に始まった流れだが、各社が続々と提供を開始している。今回はその中でも個性的なサービス
続々登場するECサイト向けWeb接客サービス - 主要13サービスまとめと今後

続々登場するECサイト向けWeb接客サービス - 主要13サービスまとめと今後

2016.03.23
 > 続きを見る
eコマースが世に出て20年強。今では国内に30万とも50万とも言われるECサイト・ネットショップがひしめき合っている状態だが、この急速な店舗数の拡大と相反し、ECサイト・ネットショップを運営するための
ECサイトを運営する人材を強化せよ! - 人材不足に陥るEC業界向けの地道な取り組み

ECサイトを運営する人材を強化せよ! - 人材不足に陥るEC業界向けの地道な取り組み

2016.03.15
 > 続きを見る
インターネット上のサービスやサイトへログインするためのIDとパスワードの管理は非常に手間となってきている。またクレジットカード番号を入力することの抵抗感も依然として存在する。そこで注目されているのが、
生体認証決済サービスはどこまで浸透が進むのか - ECでの生体認証の活用本格化の足音

生体認証決済サービスはどこまで浸透が進むのか - ECでの生体認証の活用本格化の足音

2016.03.08
 > 続きを見る
商品を実際に手にとれない状況下にある消費者にとっては、商品画像が購買するか否かの重要な判断材料となる。実際、商品画像を変えたらCVR(コンバージョンレート)が大幅に改善したという事例は多く、商品画像の
ECサイトの商品画像をカイゼンせよ - どれだけ手軽に消費者の心に刺さる商品画像を提供できるか

ECサイトの商品画像をカイゼンせよ - どれだけ手軽に消費者の心に刺さる商品画像を提供できるか

2016.03.01
 > 続きを見る
ここ数年、人工知能はかなりホットな話題の一つでありマーケティングの分野においても人工知能はキーとなりつつある。ECサイトでの「顧客とのコミュニケーション」「多様化する顧客のニーズへの対応」を改善するた
人工知能(AI)でECサイトのマーケティングオートメーションはどのように変わっていくのか

人工知能(AI)でECサイトのマーケティングオートメーションはどのように変わっていくのか

2016.02.23
 > 続きを見る
ECの浸透に伴い、物流面での改革がここ数年飛躍的に進んできている。その中でもその重要性と意義から注目を浴びている再配達問題。それを解決するための1つの手段として、各社が受け取りロッカーサービスの提供を
導入が進む「受け取りロッカー」は再配達問題の切り札となるのか

導入が進む「受け取りロッカー」は再配達問題の切り札となるのか

2016.02.16
 > 続きを見る
昨年2015年10月時点での、携帯電話所有者の中のスマートフォン保有率は63.9%となり、スマートフォン保有者の65%がスマートフォンでECを利用していると言われており、もはやEC運営において最も重要
【スマホ×ECトレンドデータまとめ】2015年下半期速報 - 伸びは鈍化するもユーザーの71%、売上の49%がスマホ経由に

【スマホ×ECトレンドデータまとめ】2015年下半期速報 - 伸びは鈍化するもユーザーの71%、売上の49%がスマホ経由に

2016.02.09
 > 続きを見る
中国最大のEC事業者として知られているアリババによる買収劇が昨年後半に立て続けに発表され、世界中で大きな注目を集めている。今回はその買収がそれぞれ何故行われ、今後どのような影響が出ると予測できるのかを
アリババの怒涛の買収攻勢はアジアのEC業界をどのように変えていくのか

アリババの怒涛の買収攻勢はアジアのEC業界をどのように変えていくのか

2016.02.02
 > 続きを見る
この年末年始もEC業界ではいくつかの買収・統合、そして資金調達のニュースが流れてきた。この手の再編は年内や期内に資金の動きを行うことが一つの目安となるので、この時期のリリースが多いという側面もある。今
年末年始も動き続けたEC業界再編 - 買収・資金調達から占う2016年の展望

年末年始も動き続けたEC業界再編 - 買収・資金調達から占う2016年の展望

2016.01.27
 > 続きを見る
EC市場が一段落している中、既にシェアを大きく持っているそのジャンルの先行企業が明確になってきていて、その他の多くのECで後塵を拝している企業はどのようなEC戦略をとるべきなのだろうか。今回はそのよう
市場の後発サイトがとるべきEC戦略3つの基本 - 特定セグメントでのリーディングカンパニーを目指そう

市場の後発サイトがとるべきEC戦略3つの基本 - 特定セグメントでのリーディングカンパニーを目指そう

2016.01.19
 > 続きを見る
2015年もあと僅かとなりました。依然として伸び続けるEC業界とはいえ、運営の難易度が上がってきたように感じることも多かったのではないでしょうか。eコマースコンバージョンラボ今年50本目のこの記事では
【2015年まとめ】今年EC業界でチェックしておくべきトレンド5選と2016年のEC業界展望

【2015年まとめ】今年EC業界でチェックしておくべきトレンド5選と2016年のEC業界展望

2015.12.30

人気のエントリー

いいねの多いエントリー