eコマース業界カオスマップ2016 - ECサイト構築システム編 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
トレンド
2016/07/25

eコマース業界カオスマップ2016 - ECサイト構築システム編

eコマース業界カオスマップ2016 - ECサイト構築システム編

 

e コマースの浸透に伴いeコマースの運営を支援するテクノロジーも大幅に拡大してきており、提供されているサービスは膨大な数にのぼる。そのためeコマース業界に深く携わっていても全てのサービスとその特性を理解することは非常に難しくなってきている。また、eコマース業界初心者や少し離れたテクノロジー関連の業界から見ても非常に分かりにくい部分が増えてきている。

そこでeコマース業界の“今”を分かりやすく、そして網羅的にマップ化した「eコマース業界カオスマップ」をeコマースコンバージョンラボと日本ネット経済新聞の共同企画で作成。可能な限りeコマース業界の今を中立的に整理し、網羅的に全サービスを掲載することを大目的としている。今回はECサイト構築システム版となる。

※マップに不足等があった場合は適宜修正し最新化していく。

 

<参考>

【EC支援サービスマップシリーズ】 ECサイト構築システム特集 | 日本ネット経済新聞

 

当特集も網羅した2016年EC業界カオスマップ総集編はこちらから↓

【保存版】eコマース業界カオスマップ2016 - 総集編
eコマース業界の“今”を分かりやすく、そして網羅的にマップ化した「eコマース業界カオスマップ」をeコマースコンバージョンラボと日本ネット経済新聞の共同企画で作成。可能な限りeコマース業界の今を中立的に整理し、網羅的に全サービスを掲載することを大目的とし...

 

 

ECサイト構築システム編

 

第四回目は「ECサイト構築システム」ジャンルのカオスマップをお届けする。22サービスをピックアップし、マッピングした。

eコマース業界カオスマップ2016 - ECサイト構築システム編

※ログインして頂くと高解像度PDF版のカオスマップをダウンロードすることが出来ます。
※アカウント作成する方は、作成後再度このページへアクセスしてダウンロードしてください。

 

横軸に機能の拡張性、縦軸に利用店舗の売上規模の2軸で整理した。横軸の機能の拡張性は、カスタマイズの柔軟性、外部システムとの連携容易性などの取り組みを基に、日本ネット経済新聞とeコマースコンバージョンラボ編集部が独自に判断した。

ECサイト構築システムは、ショッピングカートASPサービスよりもハイエンドのEC事業者向けのものとなるのが一般的だ。そしてECに必要な機能モジュールを準備しておきEC事業者の要望に合わせて組み合わせていくようなものが多い。そのため、各システム共にコストさえかければどのような機能要望にも応えられるようになっている。しかしシステムの骨格を成すデータベース構造や設計思想にない要望を叶えようとすると膨大なカスタマイズコストがかかるケースもある。そのため機能星取表からではなかなかそのシステムがどこまでEC事業者にFITするのかは分からず、RFPを出し具体的な提案書を見てみると各社の提案額に大きな差があることも多い。各システムの導入先カテゴリを見るとある程度はそのシステムのFITする事業者の特徴が分かる。

ECサイト構築システムは大きく分けて、パッケージ型とクラウド型に分類される。最近ではパッケージとクラウドのハイブリッド型もあり、それらの利点を活かした作りになっているようだ。また、EC-OrangeのみオープンソースのEC-CUBEをベースに作られているパッケージ/オープンソース型となる。

 

 

ECサイト構築システムリスト

 

以下、ここで紹介したECサイト構築システムとなる。

 

パッケージ

11サービスが提供されている。

 

ecbeing

<参考>

【ECサイト構築システム特集】ecbeing 林雅也社長/470人体制でEC事業者の成功を支援 | 日本ネット経済新聞

 

 

SI Web Shopping

 

COMPANY EC

 

Commerce21 S5

 

Commerce21 SELL-SIDE SOLUTION

 

Simplex

 

SNAPEC-EX

 

NeoSarf

 

HIT MALL

 

RealPit

 

 

RetailCube

 

 

クラウド

5サービスが提供されている。

 

ebismart

 

 

Commerble

 

出店する蔵

 

<参考>

【ECサイト構築システム特集】ソフテル「出店する蔵」/機能性・コスパが強み/独自サービス目指す50社に導入 | 日本ネット経済新聞

 

 

w2commerce V5

 

<参考>

【ECサイト構築システム特集】w2ソリューション 「w2Commerce」/機能の拡張性に強み/オムニチャネルを支援 | 日本ネット経済新聞

 

 

Demandware Digital

 

パッケージ/クラウド

5サービスが提供されている。

 

ECsuites

 

 

SAP Hybris Commerce

 

 

eltexDC EC/通販統合型パッケージ

 

<参考>

【ECサイト構築システム特集】エルテックス「eltexDC」/マルチチャネルに対応/通販の全業務を1システムで網羅 | 日本ネット経済新聞

 

 

Oracle Commerce

 

 

w2commerce Enterprise

 

 

パッケージ/オープンソース

1サービスが提供されている。

 

EC‐Orange

 

 

各社の出自を見ると、SIer系の会社、ERPパッケージ系の会社、EC通販専門の会社に大別される。Sier系の会社はシステム開発に強みがあり、重厚で堅牢な作りのシステムが多い。ERPパッケージ系の会社は基幹系システムとの連携に強みがあり、社内システムを一体化させることのノウハウが豊富だ。EC通販専門の会社はオンラインマーケティング、店舗との連携など、業界に特化したノウハウに長けている。そのためどのシステムが優れているという画一的な評価は難しく、EC事業者のニーズをしっかりシステム会社に伝えて、FITするシステムを選んでいきたい。

※上記の情報は定期的に更新を行い、常に最新化していく。

 

<参考>

オムニチャネル機能の実装が進むECパッケージとカート - どこまでシンプルにオンラインと店舗を連携することができるのか

ECモール・カート・アプリの2015年流通総額まとめ - 国内12・海外7の各主力プレイヤーの値から見る市場トレンド

ECをはじめたい!ときの選択肢 - 7つのプラットホームの存在を理解しよう