新型コロナウイルス禍におけるマーケティング施策管理 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」

EC業界で最も深く、鋭く、分かりやすいメディア「eコマースコンバージョンラボ」メルマガ登録はこちらから!業界の最新ニュースとトレンドをお届けします!

  • follow us in feedly
トレンド
公開日2020/05/01

新型コロナウイルス禍におけるマーケティング施策管理

現在の先行き不透明な状況を切り抜けるために必要なのは、機敏さと忍耐力、そして優れた機略である。

 

全てのマーケティング担当者が現在直面している課題は、非常に不透明で厳しい経済状況の中、今後数か月において、どのように収益を生み出すかということだ。現在の状況は、ほんの数週間前とはまるで異なっており、マーケティングは、かつてないほどの重要な意味を持っている。今年の第二四半期および第三四半期で展開される施策は、企業の歴史上で最も重要で、影響力のあるものとなる可能性があるだろう。残念ながら、多くの企業がスタッフの解雇を余儀なくされ、また多数の企業が廃業に追い込まれるかもしれない。こうした不透明な状況を切り抜けるためには、機敏さや忍耐力、そして機知に富んだ施策が求められる。以下に、今後数か月のマーケティング活動を効果的に行うための方法を紹介していこう。

 

顧客とのコミュニケーションラインをオープンに保つ 

これは顧客とパートナー企業に対する当然の業務であり、彼らはあなたの企業が発信するメッセージを聞きたいと思っている。この第二四半期に、中規模または大規模なリリースを計画しているのならば、その計画を進めるべきである。顧客は、あなたのビジネスが安定したものなのか確認する必要があるのだ。この不確かな状況の中で、一貫性を保ち、積極的にコミュニケーションを取ろう。暗くならずに。

 

計画したキャンペーンを実行するための完璧な新戦略

あなたのビジネスがこの不況の中で生き残れると示すためには、すでに計画していた取り組みを進めることだ。しかし、実行するには、おそらくこの新たな環境に合わせた新しい戦略が必要となる。新たなツールとテクノロジーを採用し、失敗し、学び、迅速に適応しよう。計画していたイベントはあっただろうか?開催を予定していた展示会はあったか?現時点では、バーチャルイベントの開催において、最も優れた企業となることに注力しよう。例えば、取り掛かりやすいのはウェビナー(オンラインセミナー)である。専門家によるパネルディスカッション、休憩時間、オフィスアワーでは、創造的な発想によって仮想化することができ、主要なオーディエンスとのつながりを構築する機会となる。

 

チームの関係に投資する

激動の時代においての最優先事項は、自社のスタッフからの信頼と、あなた自身の信用を維持することだ。今の情勢について嘘をついてはいけない。真実を伝え、最も重要なのが団結するための投資である。積極的にチームとして力を発揮することで、長期的には、より強く、そして、機敏さを兼ね備えられることになるだろう。

 

部門として、リーダーシップの役割を担う

不確実な状況の下では、リーダーがその存在感を発揮する。そして今こそ、リーダーとしてのその役割を受容する時だ。模範を示してリーダーシップを取ることで、誰もがマーケティングチームに頼ることができるということを社員に伝え、行動を通じてそれを示すべきである。マーケティングチームが、数か月以内に開始するプログラムの例をいくつか打ち出し、他部門にも同様に動くよう働きかける。そして、今度数ヶ月の困難な状況に立ち向かうための積極的なチームワークの模範を示すのだ。「助けとならなければいけない。いまの状況を決して利用してはいけない」。本当に顧客の助けになるものが提供できるなら、この期間にそうすべきである。提供すべきものがないのであれば、自社の利益のためだけにこのパンデミックを悪用してはならない。代わりに、顧客の役に立つことで、関係を強化することに集中するのだ。キッズコンサートやゴルフレッスン、作家やスポーツ選手などのゲストスピーカーなどを招いたバーチャルウェルネスプログラム(従業員やその家族を対象としたもので、企業独自の健康維持・病気予防を目的としたプログラム)を提供しよう。この新型コロナウイルス危機の収束後も、顧客はおそらく、危機渦中に自社が提供した有益性を覚えており、結果としてブランド力を向上させることができるだろう。

 

※当記事は、米国メディア「Marketing Land」の4/17公開の記事を翻訳・補足したものです。

close