b→dashがクロスリスティングDMPと連携開始、より詳細なユーザー分析が可能に | 国内ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
マーケティング
公開日2019/01/18

b→dashがクロスリスティングDMPと連携開始、より詳細なユーザー分析が可能に

株式会社フロムスクラッチが開発・提供する、マーケティングプラットフォーム「b→dash(ビーダッシュ)」と株式会社クロスリスティングが提供する「クロスリスティングDMP」が連携を開始。データ連携により、b→dashの画面上で、大手ポータルサイトが保有する国内最大規模のオーディエンスデータを活用したユーザー分析や、ターゲットセグメントリーチ、レコメンドなどの配信が可能となる。

 

“ユーザー理解”に強みを持つクロスリスティングDMP

クロスリスティングDMPは国内大手ポータルサイトを中心とした検索データ等を集約したDMP(データマネージメントプラットフォーム)だ。ユーザー理解に強みをもち、ユーザーの興味や検討内容がダイレクトに反映される「検索ワード」を用いた分析ができる。また、月間1億ものユニークブラウザによる検索データやQ&Aサイトの閲覧履歴を活用し、性別・年代・属性・エリア情報等、具体的でより細かなインサイト分析やターゲティングが可能だ。

今回の連携により、b→dash導入企業は、自社で保有するデータと、既にb→dashと連携されている3rdパーティーデータに加え、新たに、大手ポータルサイトをはじめとするクロスリスティングDMPに蓄積されている大量の検索データや閲覧履歴などのオーディエンスデータの活用が可能となった。具体的な施策例としては、競合商品や同カテゴリ商品を検索しているといった新たなユーザーセグメントへのリーチや、疑問や悩みを抱えた潜在購買層の抽出、検索行動の分析による広告効果の測定が挙げられている。

 

ユーザー理解に強みを持つサービスであるからこそ、自社では獲得できないライフスタイルや興味・関心といった外部データと自社データを連携させることでより詳細なユーザーの悩みや疑問、要望の可視化、クラスタリング、分析が期待できる。

 

 

 

close