LOHACOの非対面受け取りサービス、ヤマト運輸のEAZYも導入し、全国で開始 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」

EC業界で最も深く、鋭く、分かりやすいメディア「eコマースコンバージョンラボ」メルマガ登録はこちらから!業界の最新ニュースとトレンドをお届けします!

  • follow us in feedly
物流・決済・業務
更新日2020/10/18 公開日2020/10/02

LOHACOの非対面受け取りサービス、ヤマト運輸のEAZYも導入し、全国で開始

アスクル株式会社が運営する「LOHACO」は、非対面による受け取りサービスを9月30日に全国で開始する。それに合わせ、ヤマト運輸株式会社のEC事業者向け新配送商品「EAZY」を導入し、非対面による受け取りサービスの対象となる注文を拡大する。

 

これによりLOHACOの利用者は、注文時もしくは出荷完了案内時に、都合の良い受け取り方法を指定することが可能となる。

 

「非対面受け取りサービス」について

「非対面受け取りサービス」導入によりアスクルロジストがお届けする荷物は注文時にサイト上で対面での受け取りのほか、置き場所指定で玄関ドア横・宅配BOX等が可能。

一方、ヤマト運輸が届ける荷物についても、対面での受け取りに加え、玄関ドア横・宅配BOX・ガスメーターBOX・物置・車庫・自転車のかご・建物内受付/管理人預けなど、利用者の希望する場所や日時に合わせた非対面での商品受け取りが可能だ。さらに利用可能な注文に対し商品出荷後にヤマト運輸から送付されるメールで指定出来、また受け取りは配達直前までいつでも変更できる。

 

サービス提供と「EAZY」導入に至るまでの背景

昨今の新型コロナウイルス感染症の影響で日用品ECの利用率が高まる一方、感染防止策を講じた安心・安全な配送へのニーズが現在高まっている。これを受け今年2月からアスクルの物流子会社ASKUL LOGIST株式会社が配送する一部エリアに限定して、配達員と対面せずに荷物を受け取れる「非対面受け取りサービス」のテスト運用を行い、今回実装に至った。さらに、同時にヤマト運輸が提供する「EAZY」を導入することで、自社グループの配送エリアに留まらず、ヤマト運輸による配送エリアを含めた全国での非対面受け取りが可能となり、利用者のニーズにあわせて、フレキシブルに受け取り方法を選択出来るようになった。

 

現時点で非対面受け取りは、配送キャリアによって指定の方法が異なっているが、今後、注文時に一括で受け取り方法を指定出来るようサービスの改善に取り組んでいく。また、これからもアスクル株式会社はサステナブルな社会の実現に向け、配送サービスの充実、労働環境の改善など社会課題の解決を目指すと同時にさらなる利便性向上に繋げていくとのこと。

 

close