フラクタが物流プラットフォームのオープンロジと協業し、D2Cブランドの世界観構築を支援 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」

EC業界で最も深く、鋭く、分かりやすいメディア「eコマースコンバージョンラボ」メルマガ登録はこちらから!業界の最新ニュースとトレンドをお届けします!

  • follow us in feedly
物流・決済・業務
更新日2020/09/28 公開日2020/09/07

フラクタが物流プラットフォームのオープンロジと協業し、D2Cブランドの世界観構築を支援

ECを中心としたブランディングによりブランド及びD2Cを支援する株式会社フラクタは、株式会社オープンロジと業務提携を結び、ECサイトからパッケージ、そして物流までD2Cブランドの世界観構築をワンストップで支援する。

 

この提携により、フラクタのD2Cブランドの「ブランディング」「EC」における知見と、オープンロジが培ってきた物流事業をあわせ、D2Cブランドに向けて一貫したブランディングサービスを提供することにより、ブランドは顧客までブランド価値を損わずに届けられるようになり、顧客の購入体験価値向上に繋がるようになるとのこと。

 

ここ数年、市場では自社ブランドの世界観を表現するために、D2Cという形態でECをスタートする企業が増加している。そのD2Cビジネスを成功させるためにはら自社の世界観を商品、マーケティング、ECサイトなど様々なタッチポイントで表現し、継続的に購入してくれる熱量の高いファンとの関係を構築する必要があり、さらに最近では、ECで購入した商品を配送業者から受け取り、開封するまでの映像や画像を撮影し、商品だけでなく配送や受け取った時の感想をSNSで発信する顧客も増えてきている。

そのような市場環境の中、提携することでブランドの立ち上げからマーケティング、物流オペレーションの構築において「自社ブランドの世界観を表現したい」というD2Cブランドの支援が可能となる。また、フラクタがもっているECサイトの知見やクリエイティブディレクション・パッケージデザインと、オープンロジのもつ物流ネットワークをかけあわせ、ブランドの世界観を購入から顧客に届ける瞬間まで一貫したクオリティで提供を行うことが可能になる。

 

今後は、リアル店舗とデジタルを掛け合わせたD2Cの販売・マーケティング・物流支援における協業も視野に入れているとのこと。

 

 

close