Zara、バーチャルモデルの着用動画を見られるARアプリを発表 | 海外ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
トレンド
2018/03/22

Zara、バーチャルモデルの着用動画を見られるARアプリを発表

スペインのファッション小売業Zaraは、世界中の120店舗でAR(拡張現実)体験を展開する計画を発表した。オンライン購入者も、Zaraショッピングサイトからの配送商品パッケージにスマートフォンをかざすことで、ZaraのARアプリを利用できる。

2018年4月、2週間におよぶARのテストが行われる。顧客が店頭のショーウィンドウやセンサーにスマートフォンをかざすと、画面上にバーチャルのモデルが登場するというもの。モデルはZaraがセレクトした洋服を着用し、バーチャルで歩き回る。

しかしZaraがARによって顧客を呼び込みたいのは、実店舗だけではない。Zaraアプリのユーザーは、自宅で配送商品の梱包箱にデバイスをかざすことにより、AR映像を見ることができるのだ。

このARアプリの映像には、モデルのLéa JulianやFran Summersが出演し、7秒から12秒尺の12個のショートクリップに登場する。この動画は68台のカメラで撮影したホログラムとして記録されているものだ。

 

Zaraとテクノロジー

ここ最近Zaraは、新しいテクノロジーを試し、実装することに非常に積極的である。2018年1月、同社は英国で最初のオンラインのみのポップアップストアをオープン。自社の物流チェーンにおいてのロボットの使用も増加した。

 

ファッションと美容産業におけるAR

ARを利用し始めたファッション小売業者はZaraだけではない。例えば英国のファッションブランドBurberryは2017年9月、自社アプリにAR技術を導入。英国の化粧品ブランドRimmelや米国の衣料品小売店GAPは、顧客がバーチャルで商品を試用や試着できる同様の取り組みを開始している。

 

映像提供: Economiá Digital

 

※当記事は欧州メディアEcommerce Newsの3/15公開の記事を翻訳・補足したものです。

 

 

close