メルカリ、2018年にスキルや知識のマッチングサービス「teacha」を開始 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
トレンド
2017/12/12

メルカリ、2018年にスキルや知識のマッチングサービス「teacha」を開始

フリマアプリ「メルカリ」を運営する株式会社メルカリは12日、語学学習や習い事などのスキルや、個人が持っている知識を必要な人々に提供するC2Cマッチングサービス「teacha」を2018年に開始することを発表した。

語学、プログラミング、資格取得、料理、音楽、スポーツ・アウトドア、ハンドメイド等の幅広い分野を対象とし、1時間単位から「教える」「学ぶ」ことができるサービスだ。

本日よりサービス公開に先駆けて「教えたい」方、「学びたい」方の事前登録を受け付ける。事前登録した方は一般公開に先行して、対応エリアに招待の案内が届く予定のようだ。

 

メルカリでは誰もが簡単にモノを売ったり買ったりすることができる世界の実現を目指してきたが、teachaでは新たに知識やスキルというサービス領域で、誰もが簡単に教えたり学んだりできるスキルシェア領域の促進を目指す。