ドイツeコマース上位5社、上位100社の収益の47%を占める | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」

EC業界で最も深く、鋭く、分かりやすいメディア「eコマースコンバージョンラボ」メルマガ登録はこちらから!業界の最新ニュースとトレンドをお届けします!

  • follow us in feedly
トレンド
公開日2020/10/09

ドイツeコマース上位5社、上位100社の収益の47%を占める

ドイツの最大手eコマース5社は、オンライン小売業者上位100社によって生み出された全収益のほぼ半分を占めている。この大きなシェアは、AmazonOtto(ファッション通販)、Zalando(ファッション通販)、Media Markt(家電量販チェーン)、およびNotebooksbilliger(オンライン家電小売)が成している。

 

こうした統計は、ドイツにおけるeコマースがいかに集中化しているかを示している。ドイツの1,000の大手オンラインストアの総収益のほとんどが、上位100社によって生み出されており、その100社の収益の47%をトップ5社が占めているのだ。トップ5社の収益は、 175 億ユーロに相当する。

 

「トップ5企業の総収益は175億ユーロ」

 

ドイツ最大のオンラインストアトップ5

今回の調査結果は、ドイツの世界最大級統計データベースStatistaと科学研究所EHI RetailInstituteによる「E-Commerce Markt Deutschland」によって示されている。 以下は、同調査データに基づくドイツにおける小売業者のトップ5である。

 

収入の分配

集中化するドイツのeコマース市場をより正確に把握するには、下図を参照してほしい。 これは、ドイツのオンラインストアトップ100の純売上高の分布を示している。

 

トップ5はトップ100による全収益の47%を占めている

2019年のドイツのトップ100のラインストアの純売上高の分布

 

※当記事は英国メディア「E-Commerce News Europe」の10/2公開の記事を翻訳・補足したものです。

close