BtoB ECパッケージ「アラジンEC」が、OBCの「商奉行クラウド」「商蔵奉行クラウド」と連携 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」

EC業界で最も深く、鋭く、分かりやすいメディア「eコマースコンバージョンラボ」メルマガ登録はこちらから!業界の最新ニュースとトレンドをお届けします!

  • follow us in feedly
BtoB EC
更新日2020/08/18 公開日2020/08/06

BtoB ECパッケージ「アラジンEC」が、OBCの「商奉行クラウド」「商蔵奉行クラウド」と連携

企業向け業務管理システム開発・提供の株式会社アイルが提供するBtoB専用ECパッケージ「アラジンEC」は、株式会社オービックビジネスコンサルタントが提供する販売管理システム「商奉行クラウド」、販売管理、仕入・在庫管理システム「商蔵奉行クラウド」と連携した。

 

「アラジンEC」は、企業間取引に必要な機能をパッケージ化し、顧客のさまざまな取引形態に合わせられるよう柔軟なカスタマイズ機能を搭載したBtoB EC・Web受発注システムである。企業間の電話・FAXなどによる受発注業務をECに置き換えることで、導入企業とその取引先両社の業務効率化・利便性向上につなげる。

 

「商奉行クラウド」や「商蔵奉行クラウド」の「奉行クラウド」シリーズは、受注・発注などの業務はもちろん、従業員による販売情報の確認など、会社のみんなでテレワークができるクラウド販売管理システムである。販売仕入管理業務をフルカバーでき、消込処理だけで入金/支払伝票を自動作成できるなど、充実した機能により業務の生産性を大幅に向上できる。

 

今回の連携により、「アラジンEC」にある取引先からの受注データを、「商奉行クラウド」、「商蔵奉行クラウド」に自動で取り込むことが可能になる。また、「商奉行クラウド」、「商蔵奉行クラウド」の商品・得意先 ・売上・在庫データを、「アラジンEC」に自動で取り込める。在庫データの「アラジンEC」への自動取り込みは、「商蔵奉行クラウド」との連携時のみ可能である。取り込んだデータをもとに、「アラジンEC」により取引先別に単価や案内商品の設定も可能である。両社のシステムを利用する企業は、従来の入力の二度手間や確認時間が削減され、業務効率化につながるだろう。

releaseimage

 

 

close