ebisumartがaratana gatewayと接続、ZOZOTOWNと自社サイトの在庫一元管理が可能に | 国内ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
ノウハウ・ツール
2018/06/22

ebisumartがaratana gatewayと接続、ZOZOTOWNと自社サイトの在庫一元管理が可能に

株式会社インターファクトリーが提供するクラウドECプラットフォームebisumartは、スタートトゥデイグループでEC支援事業を行う、株式会社アラタナのフルフィルメントサービスaratana gatewayとの接続を開始。アパレル事業者は、ZOZOTOWNと自社サイトの在庫の一元管理を実現し、ECに関する業務を委託することができる。

 

自社ECとZOZOTOWNの商品情報や在庫情報等を一元管理

aratana gatewayは自社ECとZOZOBASEを連携することにより、在庫の一元管理を実現、ECに関連する業務を委託することができるサービスで、アパレルEC事業者は開発に伴うコストと工数を最小限に抑えながら、自社ECサイトの構築とZOZOBASE連携を同時に行うことができる。

今回の連携により、ebisumartを通じてaratana gatewayと連携され、ZOZOTOWNの商品情報や在庫情報、出荷データ等の一元管理を行うことが可能だ。また、物流・撮影。採寸などの倉庫業務から、マーケティングやコンタクトセンターといったECサイトの運用業務までをフルフィルメントサービスとして利用することができ、EC運用のアウトソーシングが実現される。

 

ZOZOTOWN在庫との一元管理による販売ロス・在庫ロスを削減

自社EC在庫とZOZOTOWN在庫を一元化することでユーザーは商品をZOZOTOWNでは購入できるが、自社ECでは購入できないといった状況をなくすことができ、機会損失を発生させないことによる売上向上と、在庫ロスを発生させないことによる業務効率化の実現が期待される。

また、自社ECとZOZOTOWNの物流面やカスタマーサポ―ト面を統合することで、ECに関する様々な業務のアウトソースが可能となるほか、ZOZOTOWNの販売データを基に売上コンサルティング支援も提供する。ZOZOTOWNでの販売実績の分析から売上レポートを毎月作成し、商品閲覧傾向や購入者データを提供。これにより自社ECや実店舗へのユーザーの誘導、需要予測を支援する。

 

今回の連携により、サイト毎に在庫を管理することで在庫の偏りが発生し、ユーザーが利用したいサイトで商品を購入することができないという課題を解決することが期待される。

 

close