Instagram Shopping、7/9からクリエイターや小規模ビジネスも利用可能に | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」

EC業界で最も深く、鋭く、分かりやすいメディア「eコマースコンバージョンラボ」メルマガ登録はこちらから!業界の最新ニュースとトレンドをお届けします!

  • follow us in feedly
トレンド
公開日2020/07/07

Instagram Shopping、7/9からクリエイターや小規模ビジネスも利用可能に

Instagramは、買い物客とつながりプラットフォームで商品を販売したいと考えるクリエイターを含むより多様な企業に向けて、Instagram Shopping(ショッピング機能)の利用を拡大している。

 

Instagramは、クリエイターや中小企業が自社コミュニティの重要な要素であることを認識しており、これらの多くが新型コロナウィルス感染症の発生以来、経済的に困難な状況にあることを理解していると言及。今回のアップデートにより、より多くの人々は自分のプロフィールをショップに変えて、そのプラットフォーム上で商品を共有、宣伝、販売できるようになる。

 

Instagram Shoppingを使用してInstagramで販売を行うには、常に信頼できるショッピング体験が提供できるよう、販売者が所有権を有し、販売元となるウェブサイトからInstagram上の商品にタグ付けする必要がある。

 

Instagram Shoppingに登録した事業者は、承認されると通知され、商品のタグ付けを開始することが可能に。承認されない場合は、その事業者が必要な措置を取ったり不服の申し立てができたりするように、明確な理由を提供するとInstagramは述べている。

 

新規事業者はInstagramの最新の一連の研修を受けることになる。一方、既存の事業者は今後数週間の間に、コンプライアンスの順守方法に関する説明を記載したアプリ内通知を受け取ることになる。

 

最新の要件は、Instagram Shopping対象のすべての国において7月9日から適用が開始。

 

 

※当記事は英国メディア「Mobile Marketing Magazine」の6/25公開の記事を翻訳・補足したものです。

close