futureshopとSBペイメントサービスが連携、ビジネス形態に合わせた決済サービスの選択・導入が可能に | 国内ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
物流・決済・業務
2019/07/23

futureshopとSBペイメントサービスが連携、ビジネス形態に合わせた決済サービスの選択・導入が可能に

株式会社フューチャーショップが提供する「futureshop」および「futureshop omni-channel」(以下、総称で「futureshop」)と、SBペイメントサービス株式会社(以下「SBPS」)は連携を開始し、futureshopを利用する事業者が、個別にシステムを開発することなく、SBPSの決済サービスの導入が可能になった。

 

<参考>

futureshopがデータフィード管理ツール「dfplus.io」との連携を開始

 

 

futureshopは未来に向けたコマース戦略を創造するSaaS型ECサイト構築プラットフォームであり、国内向けfutureshopではCMS機能「commerce creator」で高いデザインカスタマイズの自由度と更新性を実現しているほか、ロイヤルティマーケティングに取り組める豊富な機能を有している。さらに他社サービスとの連帯を強化している。

SBPSはECやネットショップに欠かせないクレジットカード決済などの「オンライン決済」に加え、店舗や訪問販売など、対面販売でクレジットカード決済・電子マネー・QRコード決済を利用できる「店舗向け決済サービス」を提供している。

 

今回のSBPSとの連帯では次のメリットが生まれる。

①国際ブランドライセンスを取得した信頼性の高い決済サービス

SBPSは、Visa、Mastercardの国際的なクレジットカードのブランドライセンスを取得し、決済代行に留まらず、クレジットカード会社として信頼性の高い決済サービスを提供している。「futureshop」を利用する事業者は、個別にシステムを開発することなく、SBPSの安心、安全なクレジットカード決済を導入できる。

 

②「キャッシュレス・消費者還元事業」対象事業者に決済手数料補助とポイント還元の支援が可能

SBPSは、経済産業省が実施する「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店支援事業者として登録しているため、「futureshop」を利用する「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象事業者は、クレジットカードの決済手数料の1/3が補助される。そのため、事業者のキャッシュレス決済導入コストを最小限に抑えることができ、さらにECサイトで購入した消費者には5%のポイントが還元され、事業者の集客力向上を支援する。

 

③充実した無償サービス

SBPSの決済サービスを導入した事業者は、ECサイトにおける不正使用の低減に貢献する「不正検知・保証サービス」とECサイトの集客やSNSマーケティングを支援する「マーケティング支援プラン」を無償で利用することができる。

 

 

02-1_press_sbps-image

 

また、今回のサービス連携を記念してキャンペーンを実施する。2020年3月31日までに専用フォームからお問い合わせをし、SBPS決済サービスを導入した事業者に、SBPS決済サービスの月額固定費が無料になる特典を提供している。

03-1_bnr_sbps_campaign-w750

キャンペーンなどの詳細はこちら

 

close