楽天と西友、国内初となる離島の一般利用者へのドローン商用配送サービスを今夏提供 | 国内ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
物流・決済・業務
2019/06/19

楽天と西友、国内初となる離島の一般利用者へのドローン商用配送サービスを今夏提供

楽天株式会社合同会社西友は、神奈川県横須賀市内の西友リヴィンよこすか店から、観光地である猿島を訪問している一般利用者へ商品を届けるドローン配送サービスを、今夏2019年7月4日から約3ヶ月間提供する。離島における一般利用者を対象としたドローンによる商用配送サービスは、国内初となる。

 

配送サービスが行われる東京湾唯一の無人島である猿島は、年間20万人が観光目的に来島している。今回の配送サービスは「楽天ドローン」の専用ドローンによって、指定された時間に猿島内に設置したドローン着陸ポートへと配送する仕組みで、猿島を訪問中の利用者が、楽天のドローン配送サービス「楽天ドローン」の専用アプリをダウンロードしたスマートフォンを使用して行う。対岸に位置する「西友 リヴィンよこすか店」で取り扱うバーベキュー用の生鮮品を含む食材や飲料、救急用品など約400品目の商品から選択し注文し、要冷商品は西友が新たに開発した専用の保冷バッグを使用する。

今回の取り組みについて、楽天の常務執行役員である安藤 公二と西友の執行役員シニア・バイス・プレジデント EC事業本部 竹田 珠恵は以下のように述べている。

「本サービスでは、一般の利用者が自身で注文した商品ドローンで空から配送されるという先進的なショッピング体験を提供する。今回の取り組みをはじめ、今後もより多くの方にドローン配送の利便性を感じてもらいたい。将来的には、楽天と共同運営をする『楽天西友ネットスーパー』においても、店舗での買い物が困難な方も含めたすべてのお客様に、品質の高い商品を低価格で届けたい」

 

なかなか実用化に向けてのハードルの多いドローン配送ですが、横須賀市の協力のもと、期間限定かつ海上輸送メインという条件で行う今回の新しいチャレンジに注目していきたい。

 

 

close