スーパーマーケット「ライフ」がAmazon Prime Nowにて生鮮食品販売を開始 | 国内ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
トレンド
2019/06/04

スーパーマーケット「ライフ」がAmazon Prime Nowにて生鮮食品販売を開始

Amazon株式会社ライフコーポレーション(以下ライフ)は、生鮮食品のオンライン販売に関して協業し、Amazonが運営するAmazonプライム会員向けサービス「Prime Now」にライフを出店することが決定した。Prime Nowにおけるライフの商品販売は、東京都内の一部地域で今年中に開始する予定だ。今回のライフ出店により、対象地域のAmazonプライム会員はライフで取り扱っている生鮮食品をPrime Nowを通じてオンラインで購入し、注文から最短2時間での受け取りが可能になる。

 

元々Prime Nowは、Amazonの売れ筋商品から、惣菜、冷凍・冷蔵食品、飲料、お酒、日用品、コスメ・美容用品、ベビー用品、ペット用品まで、注文から最短2時間でお届けするサービスで、日本においては2015年11月にサービスを開始していた。徐々に品揃えと配送対象エリアを順次拡大するとともに、2017年4月より、百貨店やドラッグストアなどの出店企業による商品販売も行うようになっていた。食品スーパーがPrime Nowの出店企業として参画するのはライフが国内初である。

 

今回の協業についてアマゾンジャパン合同会社社長は「この取り組みを通じ、生鮮食品をオンラインで購入いただく機会をより多くのお客様に提供したい」と述べた。

また、ライフの代表取締役も「Amazonへの出店により、これまでライフを利用したことがない方にも商品を届けることができ、ライフの魅力を感じていただける新たな機会になった」と述べている。

 

現在ライフは単独の食品スーパーとして売上高1位の規模を持ち大都市圏を中心に計273店舗(2019年5月30日現在)を運営している。一方Amazonプライム会員は世界で1億人を超えるなど、爆発的な勢いで国内にも浸透してきている。Amazonは生鮮品事業をAmazon Freshにて展開中だが、国内最大手のスーパーマーケットとの協業により、Amazon Fresh事業への影響も注目される。

 

 

close