楽天が京東のドローンと無人配送ロボットの導入に向け合意、無人配送サービスの実現を目指す | 国内ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
物流・決済・業務
2019/02/22

楽天が京東のドローンと無人配送ロボットの導入に向け合意、無人配送サービスの実現を目指す

京東集団(以下、京東)楽天株式会社(以下、楽天)は21日、楽天が日本国内で構築する無人配送ソリューションに京東のドローンと地上配送ロボットを導入することに合意。楽天の無人配送サービス提供に向けて連携を進めていく方針だ。

 

ドローンでラストワンマイルの課題解決をねらう

楽天は2016年にドローン配送ソリューションを提供するサービス「楽天ドローン」を開始し、企業や自治体と連携した実証実験や試験的なサービス提供を通じて実績を重ねてきた。2018年にはドローンとUGVを組み合わせた配送実験を初めて実施するなど、物流分野におけるラストワンマイルの課題解決に向けて始動している。

一方京東は既に「無人配送車スマート配送ステーション」を設立するなどラストワンマイル物流を大きく変えてきた。ドローンに関しては2015年より開発に着手、2016年に江蘇省、陝西省およびその他の省の中国農村部で世界初の商用ドローン配送を開始し、これまでに40万分以上の配送飛行をしている。また、2019年1月にはインドネシア初となる政府承認ドローン試験飛行の成功を発表し、インドネシアや東南アジアでの商用ドローン基盤を構築している。

 

<参考>
京東がスマート配送ステーションを新たに設置、配送ロボットで無人配送を強化

 

なお、今回導入を予定しているドローンは幅160cm、高さ60㎝で、最長飛行距離は16km、最大飛行時間は40分の機体だ。また、UGVは縦171.5cm、幅75cm、高さ160㎝で最大載積量50km、最大走行時速は15km/h(速度制限は可能)だ。

 

両社は今回の合意に基づき、中国国内で多くの実績がある京東のドローンとUGVを楽天が持つ運用ノウハウや専用ショッピングアプリなどのITソリューションと組み合わせることで楽天の無人配送サービス提供に向けて連携を進めていく。

 

 

close