Zalando、商品配送用パッケージの再利用化に向けた実証実験を開始 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
トレンド
公開日2019/05/31

Zalando、商品配送用パッケージの再利用化に向けた実証実験を開始

ドイツのベルリンに拠点を置くオンラインファッションサイト大手Zalandoは、よりサスティナブル(持続可能)な商品配送用パッケージを目指す取り組みを推進している。同社は再利用可能な包装の実証実験を計画。顧客は、配送の際に使われた段ボール箱やビニール包装を返却し、同社はそれらを再利用することができる。

 

Zalandoは、「ヨーロッパにおける”サスティナブル・ファッション”のリーディングプラットフォームを目指す」というビジョンの実現のため、「配送パッケージ」についても取り組むべき重要な課題であると自社ウェブサイトにて言及。今回の決断は、ヨーロッパの消費者のうち75%が「包装材の持続可能性が購買決定に影響を与える」との考えを示す調査結果の影響を、少なからず受けたものといえるだろう。

 

再利用可能な包装材に焦点を当てたパイロットプロジェクト

Zalandoは、商品パッケージ「Beauty Bags」をビニール製から紙製に変更することの他に、繊維製品を保護するためのポリバッグ(60%再生プラスチック製)を導入しているという。そして現在、再利用可能な包装材をどのように取り入れられるかをテストするためのパイロットプロジェクトにも取り組んでいる。

 

包装材をZalandoへ返却

Zalandoのシニア企業責任担当マネージャMelanie Hultsch氏は次のように述べている。「顧客は、配送用の箱や袋で梱包された繊維製品や化粧品を受け取る。そして、それらの梱包用パッケージは配送や返品のために何度も利用することができるようになる予定だ」。「しかし、その取り組みを機能させるための組織や梱包資材の問題は、容易に答えが出せるものではない。そこで我々は、今年、まずパイロットプロジェクトを始めるに至ったのだ」。

 

ヨーロッパの複数の国でパイロットプロジェクトを実施予定

Melanie Hultsch氏が語るパイロットプロジェクトは、ヨーロッパの複数の国で試験的に実施予定とのこと。このプロジェクトにより、顧客が段ボール箱とビニール袋をZalandoに返却し、それらを再利用することが可能となる。

 

※当記事は英国メディア「Ecommerce News europe」の5/23公開の記事を翻訳・補足したものです。

 

close