郵便局内でメルカリ梱包コーナー「つつメルすぽっと」の実証実験を開始 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
物流・決済・業務
公開日2019/03/15

郵便局内でメルカリ梱包コーナー「つつメルすぽっと」の実証実験を開始

株式会社メルカリ日本郵便株式会社は3月14日より連携し、郵便局内に無償で利用できる梱包資材を備えた場所を設置、フリマアプリ「メルカリ」で売れた商品をそのまま郵便局に持って行くだけで発送可能な梱包コーナー「つつメルすぽっと」の実証実験を首都圏5カ所の郵便局で開始した。

出品者は、出品する際の発送方法に「ゆうゆうメルカリ便」を選択、取引成立後は「つつメルすぽっと」が設置されている首都圏5カ所の郵便局に売れた商品を梱包せずに持ち込み、その場で適切なサイズの梱包素材(ゆうパケット用)を選び梱包することができる。梱包した商品に「ゆうプリタッチ」で出力した伝票を張り発送が完了する。

なお、各郵便局の梱包資材がなくなり次第終了するとのこと。

 

これまでメルカリと日本郵便は、2017年6月よりメルカリの配送サービス「ゆうゆうメルカリ便」の提供を通じて匿名配送や発送時の二次元コード利用、ローソンからの発送対応など安全で利便性の高い配送サービスを提供してきた。一方、メルカリ内のアンケートでは「梱包・発送業務が大変そうだから」という理由から出品を躊躇する人が多いことがわかっている。このような背景から、郵便局で梱包から配送まで行えるサービス提供により、利用者がより悩むことなく簡単に配送できるサービスの提供だ。今後は実証実験の結果を踏まえ、展開地域の拡大を検討していくという。

 

 

close