楽天の農業サービスRagri、「100%オーガニック定期便」の提供を開始 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
トレンド
公開日2018/10/26

楽天の農業サービスRagri、「100%オーガニック定期便」の提供を開始

楽天株式会社が運営する農業サービス「Rakuten Ragri(以下、Ragri)」は、日本初となる有機JAS認証の旬の野菜をセットでお届けする定期宅配サービス「100%オーガニック定期便」の提供を10月23日より開始した。

 

生活環境や家族構成に合わせたオーガニック野菜をお届け

100%オーガニック定期便では、手に入りにくいオーガニック野菜やカットサラダをスマートフォン・PCから手軽に注文することができる。生産地である愛媛県から直接、定期的に全国各地(沖縄県・離島を除く)へ新鮮な状態でお届けする。商品ラインナップは13種類。生活環境や家族構成等に合わせて好みの商品や分量を選択し、毎週、隔週、毎月1回の3種類のお届け頻度と希望の曜日を選択することができる。

 

Ragriとは

地域支援型農業(CSA)であり会員制の提携農業だ。RagriのCSAの場合、月々500円から始めることができ、農家から畑の様子が写真やコメントで届いたリ、実際の作物と連動したバーチャル畑の作物の成長を楽しむことができる。

実際に利用する際は、自分の育てたい作物とそれを育ててもらいたい農家を選択し、利用料を支払うことで農家は作物を育て、利用者はバーチャルでその作物の成長を楽しむことができる。

バーチャル畑では、水や肥料をあげたり、草・虫をとる「畑のお世話」ができる。お世話を頑張ると元気度があがり、お届け量の割り振りが多くなる仕組みだ。ただし、収穫量は天候などの条件で変動するため、元気度が高くても、最低保証数でのお届けの場合もあるとのこと。

このサービスによりユーザーは、Ragriを通して農家・地域農業を支援しながら、産地直送の新鮮な野菜・果物を受け取ることができる。オーガニック野菜や高価な果物も月額の分割払いで1回の負担を少なく手に入れることができる。また、Ragri農家側は、農作物の収穫量や相場に関係なく料金を設定することができ、月額の安定収入が期待できる。さらにインターネットを通じて全国の会員と繋がることが可能だ。

 

Ragriでは自社で運営する有機農園・畑に加え、2018年6月に有機JAS認証のカットサラダ向上の稼働を開始し、オーガニック野菜の栽培から加工までを一貫して行う事業形態を実現している。今後もRagriは生産者がこだわりをもって育てたオーガニック野菜をより手軽に多くの消費者に提供し、健康的で豊かなライフスタイルを実現するサービスを提供していくという。

 

 

 

close