楽天とウォルマートが提携、楽天西友ネットスーパーの運営を今夏にスタート、Koboを米国展開へ | 国内ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
トレンド
2018/01/26

楽天とウォルマートが提携、楽天西友ネットスーパーの運営を今夏にスタート、Koboを米国展開へ

楽天株式会社と、ウォルマート・ストアーズ・インクは26日、両社の強みを活かしたユーザーへのリーチ拡大およびサービス向上を目的に、日本と米国における戦略的提携を発表した。

この提携の一環として、日本ではネットスーパー事業の拡充を開始、米国でも年内にウォルマート社の実店鋪やWalmart.comで楽天Koboが提供する電子書籍やオーディオブック、電子書籍リーダーなどを、量販店として独占販売することとなる。

 

日本ではウォルマート子会社の西友とネットスーパーを協業運営

日本では2018年7〜9月を目途に、ウォルマートの日本子会社である西友が「楽天西友ネットスーパー」の運営を開始。共同運営により配送能力の拡大、品揃えの拡充、利便性を強化。配送については、西友の実店舗からの配送に加え、2018年内にネットスーパー専用の配送センターを設け、配送件数を大幅に拡大する。品揃えは、西友の強みである「質」と「低価格」の両方を実現した商品を提供、生鮮食品や日用品だけでなく、昨今の時短ニーズに対応したカット野菜や半調理食品、ミールキットなどの簡便商品の品揃えを拡充するとともに、楽天ならではのお取り寄せグルメも取り揃える。また、楽天が今まで培ってきたノウハウを利用し利便性の高いサイト構築を行い、ビックデータ・AIを駆使してユーザーごとに商品提案も行う。

▲会見後、西友市ヶ尾店を視察する両氏

 

米国では楽天Koboを展開、電子書籍サービスの独占販売

楽天グループのRakuten Kobo Inc.とウォルマート社は、米国における楽天Koboの量販店としてウォルマート社が独占販売を行うことに同意。年内に楽天Koboが取り扱う数万の出版社・数十万の電子書籍・約600万作品のオーディオブックをWalmart.comのユーザーに提供する。

 

今回の提携について楽天の三木谷氏、ウォルマートの最高経営責任者マクミロン氏は以下のようにコメント

楽天代表取締役社長兼会長 三木谷 浩史氏「楽天とウォルマートは、世界有数のEコマースおよび小売りのリーディングカンパニーとして、革新的なサービスの提供を通じて、世界中のお客様の生活をより豊かにするために独自のマーケットを築いてきました。ウォルマート社との提携により、お客様により満足いただけるようなお得なサービスをお届けできるようになることを、心より嬉しく思います」

ウォルマート社最高経営責任者 ダグ・マクミロン氏「楽天は、Eコマースにおける圧倒的な優位性を築いています。日本のEコマースを牽引する楽天との提携に大変期待しています。ウォルマートは、日本を含むすべてのマーケットにおいて、実店舗やオンライン、モバイルを含む様々なチャネルで最高のお買い物体験を提供し、お客様の毎日をもっと便利にするために、常に新しい施策に取り組んでいます。日本におけるネットスーパー事業の展開と米国における電子書籍サービスの提供をとても楽しみにしています」

 

米国でAmazonに対抗できる数少ない小売業者であるウォルマートと提携することによって、国内でもAmazonへの対抗策をしっかり行っていく意図が伺える。また、まだそこまで本格的に国内には浸透はしていないAmazon Freshを見据えた動きとも取れそうだ。

楽天は昨年12月に携帯電話市場の参入も発表していることなど、今年は楽天の非常にアグレッシブな動きに注目したい。

 

<参考>

楽天、4社目の携帯会社への参入を表明、2019年中のサービス開始を目指す。

【米国】Whole Foodsを137億ドルで買収したAmazonの今後のビジョンを占う

 

 

 

close