SHOPLISTがビジュアルAIレコメンデーションサービスを導入、ユーザーが送った写真から商品提案が可能に | 国内ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
トレンド
2018/08/24

SHOPLISTがビジュアルAIレコメンデーションサービスを導入、ユーザーが送った写真から商品提案が可能に

CROOZ SHOPLIST株式会社は、運営するSHOPLIST.com by CROOZにおいて、ビジュアルAIレコメンデーションサービス「デクワス.CAMERA」の導入を開始。ユーザーは欲しいアイテムの画像を送信するだけで、SHOPLISTのアイテムの中で類似性の高い商品の提案を受けることができる。

 

AI技術で「迷わないお買い物」を提供

今回導入した「デクワス.CAMERA」はサイジニア株式会社が、EC事業者のサービスに組み込まれる機能として独自開発したもので、今回が初の導入事例となる。

ユーザーが「欲しい!」と思ったアイテムやそのアイテムを着用している姿をカメラで撮影し、その画像を送るとAIがSHOPLISTのアイテムの中で類似性の高いアイテムを提案する。

最先端のディープラーニング技術を活用した画像解析レコメンデーションエンジンであり、ユーザーから送られた画像内のアイテム認識のみならず、アウターや、パンツ、シューズ、といったカテゴリーに分類の上でアイテムの提案をする。「目の前に欲しいものがあるのに、なんて検索していいのか分からない」というユーザーにとって、より利便性が高いサービスだ。

 

今回導入されたサービスは、従来の行動履歴をもとにしたレコメンデーションとは全く異なった切り口による商品提案だ。ユーザー自身が欲しい商品に辿り着くまでの時間が効率化されることでコンバージョン向上が期待できる。

close