【欧州】Amazon Business、ヨーロッパで3ヵ国目のフランスでも展開開始 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
  • follow us in feedly
トレンド
2018/02/09

【欧州】Amazon Business、ヨーロッパで3ヵ国目のフランスでも展開開始

Amazonフランスは、2018年2月7日よりAmazon Businessをフランスでも開始した。同サービスは日本では2017年9月より提供されており、欧州ではイギリス・ドイツに続き3カ国目の展開となった。これにより、様々な規模・業態の法人・個人事業主が無料のビジネス向け配送や請求書払いなど、ビジネス購買に特化した新機能を便利に利用できるようになる。

 

イギリス・ドイツではAmazon Business利用開始から1ヵ月でB2Bビジネス売上平均50%増

Amazon Businessは現在アメリカ・日本・インド・ドイツ・イギリス・フランスで利用可能で、2017年12月時点でドイツでは15万以上、イギリスでは9万以上のユーザーが利用しているサービスだ。2億5千万種類以上の品揃えの中からオフィスで必要な商品を見つけることができる。

同サービスでは25ユーロ以上の注文で配送料無料となり、支払い期間30日の請求書払い、税抜き価格表示と請求書の発行が可能だ。また、複数ユーザーで利用できるアカウントが提供され、支払い先や発送先住所を共有するためのユーザーグループ認定もできる。第三者が提供する購買システムとの連携が可能なことからAmazon Businessへの簡単なアクセスも実現される。

 

<参考>

法人・個人事業主向け購買専用サイトAmazon Businessを日本でもスタート

 

さらに、売上拡大につながるVAT計算サービスといった機能を通販事業者に無料で提供。Amazonにおける全ての注文に関するVAT請求書の自動作成や、法人・個人事業主向けに税抜き価格表示にも対応する。VAT計算サービスを利用しているドイツとイギリスの販売事業者はAmazon Businessの利用開始から1ヵ月以内にB2Bビジネスの売上げを平均50%以上伸ばしているという。

 

既に他国のAmazonサイトでAmazon Businessの利便性を体験していたフランスの企業は、その利便性からコスト削減に大きく寄与しているとして、Amazonフランスでの同サービス提供を心待ちにしているという。今回はフランスでサービス提供が開始されたが、今後さらに提供地域が拡大されることが考えられる。

 

<参考>

【インド】Amazon Business、インドでもサービス開始