法人・個人事業主向け購買専用サイトAmazon Businessを日本でもスタート | 国内ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
トレンド
更新日2017/09/28 公開日2017/09/25

法人・個人事業主向け購買専用サイトAmazon Businessを日本でもスタート

Amazonは、法人・個人事業主向けの購買専用サイトAmazonBusinessを9月10日より開始。事業者のみではなく、教育研究機関、公的機関などあらゆる規模、業態の購買ニーズに応える法人・個人事業主向けの購買専用サイトだ。従来のAmazonのサービスに加えて、決済方法に請求書払いが追加され、自社の購買傾向や履歴を可視化しコスト管理ができる購買分析、レポート機能が提供される。

また、Amazonマーケットプレイスに出品している販売事業者に対してAmazon Businessで商品を販売する機会を提供、販売事業者のB2Bビジネス拡大の支援も開始する。

 

<参考>

【世界】Amazonマーケットプレイス、Amazon Businessの最新実績データ

【英国】Amazon Business、イギリスでサービス開始

 

2億種類以上の商品を展開

Amazon Businessでは2億種類以上の品揃えの中から商品を見つけることができる。オフィスで必要な商品としては、ノート、PC、プリンター、ネットワーク機器などを取り扱い、メンテナンス・リペア・オペレーションズ(MRO)向けとしては、100万点を超える電動工具、産業用品及び安全・保護用品などを取り揃える。また、自動車関連の事業者向け、飲食店向けの商品も取り扱い、大学や研究機関で必要な顕微鏡や実験用品も数万点の品揃えの中から商品を購入することができる。様々な法人ユーザーに対応できる様に、日本語に加えて、英語、中国語に対応する。

また、購入の際には、一部の商品では法人価格や数量割引の適用が可能。また、複数の販売事業者が販売に出している商品は、それぞれの販売価格が表示されるため簡単に価格を比較することが可能だ。商品情報に関しても、商品画像、サイズ、使用方法などの詳細のテキスト情報に加え、動画でも情報提供されている。Amazon Businessカスタマーサポートにより、専任スタッフからの電話、メール、チャットで対応を受けることも可能だ。支払いにおいても、既にAmazonで提供されている支払い方法に加え、月末締の請求書払いを指定することができる。

なお、Amazonプライム会員がビジネスアカウントに登録する際はAmazonプライム特典を継続でき、プライム配送特典もAmazon Businessでの注文に適用される。

 

購入分析・レポートでコストを管理

購入日時、購入品目、部門、購入方法など様々な切り口から、レポートを作成・分析することができ、ユーザーごとに用途に合わせてカスタマイズできる。また、支出を管理して可視化するために商品権限や下限金額などといった権限ルールの設定が可能だ。社内で事前承認用に見積書のPDFもしくは印刷から価格や条件の確認もできる。

 

従来のAmazonサイトと同様に出品・販売が可能

B2Bビジネス拡大の支援として、販売事業者はAmazon BusinessにおいてAmazonサイトと同様に出品・販売が可能で、「法人価格」「数量割引」「法人限定出品」などの新機能を利用や、配送をサポートするサービスを利用することでお急ぎ便で商品を届けることができる。

法人価格・数量割引では、販売事業者は法人・個人事業主専用の価格を提供し、商品を多数購入する際には割引が適用される価格設定が可能であり、法人限定出品によりAmazon Business上で法人限定商品を出品することができる。

配送時には、フルフィルメントby Amazon(FBA)の利用が可能。販売事業者の出品商品をAmazonのフルフィルメントセンターに保管し、販売時の梱包、配送、カスタマーサービスをAmazonが代行する。

なお、Amazon Businessで出品、販売を検討している事業者は、Amazon出品サービスサイトから詳細の確認と登録が可能だ。

 

Amazon Businessは2015年4月からアメリカで開始されたほか、2017年4月からはイギリスでもサービスを展開してきた。請求書支払いが可能であることや、購入傾向の分析機能の提供により、法人・個人事業主問わず幅広くAmazonを利用できるようになった。同時にAmazonマーケットプレイス登録事業者のB2Bビジネス拡大にも利用できるようにサービスを整えたことで、Amazonは個人ユーザーだけでなく、法人ユーザーからのシェア拡大を目指す。そして、アスクルを始めとした現在既に展開されている法人向けECサービスが、今後どのようにAmazonに対応していくかも注目される。

 

close