メルカリNOW・CASHを始めとする即時買取サービスの認知度は6割超え | 国内ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
  • follow us in feedly
トレンド
2017/12/15

メルカリNOW・CASHを始めとする即時買取サービスの認知度は6割超え

株式会社ジャストシステムは、Eコマース&アプリコマース月次定点調査を実施。マーケティングリサーチに関する情報サイトMarketing Research Campで結果を公開した。

メールマガジンから利用するECサイトに関する新情報を入手している人が過半数であると判明。また、宅配買取サービスや即時買取サービスの認知度は年代を超えて高い傾向にあり、スマートスピーカーに興味を持つ人の約8割がEC購入用デバイスとして広く普及すると予想していることが明らかとなった。

 

メルカリNOWやCASHといった即時買取サービスの認知度は6割越え

即時買取サービスを知らないという人は10代から60代のどの年代においても半数以下であり、一定の認知度があると判明。

 

どの年代も中古品や古着の購入に関して、抵抗がある人の方が多い傾向がみられたが、書籍・雑誌、CD/DVD/ブルーレイ、ゲームソフトに関しては、他の商品ジャンルの物よりも、抵抗感なく購入できることが伺われた。

 

<参考>

メルカリ、「メルカリNOW」で即時買取市場に参入 - 話題性で先行するCASHとの一騎打ちの様相に

 

 

利用しているECサイトからの通知方法はメールマガジン64.0%で最多

ECサイト、アプリの利用に関して、最も頻繁に利用するデバイスは、パソコン(51.6%)、スマートフォン(43.0%)、タブレットPC(4.8%)であり、スマートフォンでECを利用する際は、インターネット(41.3%)よりもアプリ(58.7%)を最も頻繁に利用するという。

 

ECで最も利用する配送方法は宅配便(70.8%)で最多で、自宅の宅配ロッカー(9.7%)、コンビニ(9.1%)と続いた。さらに、利用したことが宅配業者はクロネコやヤマト(97.3%)、佐川急便(90.1%)、日本郵便(86.7%)が多くの回答を得た。

ECで最も利用する支払い方法に関しては、クレジットカード決済(70.7%)、コンビニ払い(9.3%)と続き、年代別に見ても、ECにおけるカード決済が主流になっていることが分かる。

ECサイトからの新商品やキャンペーン情報などの通知方法において、全体では、メールマガジンがその他の方法よりも多くの回答を得ていたものの、性別、年代によってばらつきがみられ、10代女性はSNS(44.4%)が最も最多であった。

 

全体の約半数の人がスマートスピーカーは、ECデバイスとして普及すると予想

買い取り希望の品物を集荷してもらい、査定完了後に同意した金額が支払われる宅配買取サービス。認知度は74.0%と高く、利用経験者(20.5%)に今後の継続利用意向を尋ねたところ、約8割の人が利用したいと回答している。

スマートスピーカーの存在について全体の約7割の人が認知。また、男女ともに、どの年代でもスマートスピーカーがECデバイスの一つとして普及しないと思う人は2割以下であった。

また、ZOZOSUITを知っている男性は4割、女性は3割で、ZOZOSUITに興味を持った理由として、「自身のサイズを知り、洋服購入時のサイズ選びに役立てたいから」(63.8%)が最も有力なものであった。

 

<参考>

ZOZOTOWN、採寸用のボディースーツ「ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)」の無料配布をスタート

 

即時買取サービスや宅配買取サービス、認知度の高さから、多くの人から注目を浴びているサービスだといえる。また、スマートスピーカーに関心のある人のほとんどは、今後ECデバイスの一つになると予測しており、さまざまなシーンでの活躍が期待される。