【東南アジア】配車サービスGrab、アプリを使用して食事代の支払いが可能に | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
トレンド
2017/11/13

【東南アジア】配車サービスGrab、アプリを使用して食事代の支払いが可能に

およそ1年前、東南アジアの配車会社Grabは、GrabPay Creditというキャッシュレス支払いサービスを導入しデジタル決済会社への第一歩を踏み出した。

 

現在Grabのモバイル決済サービスGrabPayは、特定の店舗で商品やサービスの支払いに使用できるようになり、シンガポールの25のレストランと屋台でキャッシュレスでの支払いが可能だ。

米の自動車配車アプリUberを競合とする同社は、シンガポールの約2万人の販売業者と東南アジア全域の企業にこのサービスを広めたい考え。

処理はGrabアプリを経由して行われる。ユーザーはGrabPayボタンをタップし、その店のQRコードをスキャンする。コードを読み込んだ後、ユーザーは支払い金額を入力し、ナビゲーションバーから支払いを完了する。すると、買い手と売り手の両方に取引完了が通知される。

Grabの共同設立者Hooi Ling Tan氏は「これは計画の重要な部分だ」と米のブログサイトTech Crunch語った。さらに「私たちは計画通りに話し合い、実行してきた。目下、GrabPayは現金に取って代わるための重要な節目を迎えている。もし財布を自宅に忘れても、朝食、昼食、夕食は払うことができる。やがてハードウェアや食料品などもGrabPayで買うことができるようになるだろう」と続けた。

 

※当記事は英国メディア「Mobile Marketing Magazine」の11/1公開の記事を翻訳・補足したものです。