Facebook Messenger広告が世界中で利用可能に | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
トレンド
2017/07/12

Facebook Messenger広告が世界中で利用可能に

Facebookは7月11日、Facebook Messenger広告のベータ版を、すべての国と地域で提供開始することを発表した。以前よりオーストラリアとタイで実施していたベータテストで良好な結果が得られたため、対象地域を拡大した。世界中のビジネスがFacebookのターゲット設定機能を使って、Messenger利用者にリーチできるようになる。

 

Messengerが既存顧客や潜在顧客にリーチする新たな手段に

Facebookは、以前よりオーストラリアとタイで実施していたベータテストでの良好な結果を受けて、Facebook Messenger広告のベータ版を、すべての国と地域で提供開始すると発表。Facebook Messenger広告の導入により、規模を問わずあらゆるビジネスが、既存顧客や潜在顧客と有意義な形で繋がるための、新しい手段を手にすることになる。毎月12億人以上が利用するMessengerは、マーケティングキャンペーンのリーチを広げ、ビジネスにより多くの機会を提供する。

Facebookは来月にかけて、世界中全ての広告主にMessenger広告を徐々に公開し、月末には一部の利用者に向けてMessengerアプリのホームタブに広告が表示され始めるとしている。

 

▲Messengerに表示される広告

 

Facebookはダイナミック広告も進化させた

Facebookは、アプリやインターネットでウェブサイトに関心を示した人に自動的に商品を宣伝するダイナミック広告機能もリリースしている。製品カタログをアップロードしてキャンペーンを一度設定するだけで、常に最新の価格と在庫情報を使用しながら、解除しない限り自動で機能し続け、各商品に適した利用者を見つけるのだ。

ダイナミック広告では、特定のサイトやアプリを利用したことがあるかどうかにかかわらず、人々の関心に合わせて商品を表示するため、より多くの買い物客にリーチが可能。また、リターゲティング機能によって、販売が完了するように促すなど、効率のよい広告を自動的に行う仕組みを充実させた。

 

<参考>

【世界】Facebookダイナミック広告、商品動画や商品価格を目立たせるための機能を追加

 

ダイナミック広告やMessenger広告の導入によって、さらに充実した広告を行えるようになったFacebook。6月には月間ユーザーが20億人を突破し、さらに増え続けるユーザーに向けて、効率的な広告のアプローチができるようになる。