スマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
物流・決済・業務
公開日2019/07/22

スマホ決済の利用率1位は「LINE Pay」、2位は「PayPay」

株式会社ジャストシステムはマーケティングリサーチキャンプにおいて、「Eコマース&アプリコマース月次定点調査(2019年6月度)を実施、結果を公開した。今回の調査はスマホ決済とEC利用実態に関するものとなっている。

 

 

スマホ決済の利用率は、約3割

実店舗で利用する現金以外の支払い方法として最も多くの人から挙がったのは「クレジットカード 81.6%」、続いて「カード型電子マネー 49.7%」、「商品券・ギフト券 32.7% 」と続いた。「スマートフォンの決済機能」を利用している人の割合は27.4%で、2018年6月度調査の16.3%から大幅に増加した。

スマホ決済の中でも利用率1位は「LINE Pay 41.2%」、2位は「PayPay 38.8%」となっており、3位は「楽天ペイ」「楽天Edy」が共に30.6%だった。特に女性は「LINE Pay」を利用している人が最も多く50.4%、男性は「PayPay」が38.4%が最多となった。

 

商品検索時、特定のECサイトやアプリでの検索が半数近く

続いて、ECの利用について見ていくと、ECで買いたい商品を探す方法については、「特定のECサイトやアプリで検索」が47.6%、次いで「商品自体をGoogleやYahoo!で検索」が31.9%、「ECサイトをGoogleやYahoo!で検索し、ECサイトの検索機能で探す」が17.0%となった。また、ECでよく買い物をする時間帯は、「21時~22時台」が最も多く37.2%、次いで「19時~20時台」が13.6%、「23時~24時台」が11.4%だった。

さらに、EC利用者のECでの「商品の探し疲れ」については「探し疲れて購入を諦めたことがある」人は46.4%にのぼり、「探し疲れたことはあるが、購入を諦めたことはない」は30.4%、「探し疲れたことはない」は20.5%だった。男女別にみていくと、「探し疲れて購入を諦めたことがある」男性は42.3%に対し、女性は52.4%で、女性の場合は半数超だった。

 

 

実店舗での現金以外の決済では依然としてクレジットカードが8割を超えるものの、スマホ決済の利用がここ1年で大きく伸びているようだ。また、ECサイトは非常に浸透してきているものの、小さなディスプレイでお気に入りの商品を探すことに疲れているユーザーも非常に多いことがデータから読み取れる。

 

 

close