LINE Pay、全世界での月間取引件数1,000万件を突破 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
物流・決済・業務
更新日2017/11/22 公開日2017/11/21

LINE Pay、全世界での月間取引件数1,000万件を突破

LINE Pay株式会社は、コミュニケーションアプリLINE上で展開するLINE Payにおいて、2017年10月末の時点で月間取引件数1,000万件を突破したことを発表。

この成果を達成する過程で、今年に入ってから11月までの時点で、全世界での月間流通総額は日本円で550億円を記録、累計流通総額は3,000億円を突破した。

 

日本、台湾、タイで突出した成長

LINE Payは、2014年12月に日本でサービス開始されて以降、グローバルにもサービスを拡大し、2017年11月に、全世界4,000万登録ユーザーを突破した。特に日本、台湾、タイの3国での成長が著しい。

日本国内において、3,000万人以上のユーザーがLINE Payに登録し、現在、ゆうちょ銀行、UFJ銀行、三井住友銀行を含む48行の銀行との連携を実現している。日本のユーザーは国内ローソン全店のレジや、セブン-イレブンを中心に全国23,000箇所以上に設置されているセブン銀行ATMなどからLINE Payのアカウントに残高をチャージすることができ、また、LINE Payを通じて11通貨への外貨両替も可能となっている。

台湾では、LINE Payはいくつかの指標においてNo.1モバイル決済サービスとなっており、登録ユーザー数220万人、台湾国内において前例のない規模にまで成長している。台湾の市場調査会社であるDataYogurt の調査によると、LINE Payは、台湾ですべての年齢層において最も利用されているモバイル決済サービスであり、オンラインショッピングでも最も利用されているモバイル決済サービスである。

タイにおいては、国家的にキャッシュレス社会を後押ししている背景を受けて、交通系のプリペイドカードであるRabbit Cardを提供するBSS Holdings Co., Ltd.とのパートナーを提携。オンライン・オフラインの多様な加盟店との提携を推進することで、隔たりがなく利便性の高い決済手段の提供を目標としている。

LINE Payは、お金の流通で生じる時間や手間、手数料などの摩擦をゼロにし、人とお金・サービスの距離を近づけ、将来のキャッシュレス社会を見据え、モバイルフィンテックの世界をリードする存在になることを目指す。

 

close