LINE Pay外貨両替、新たに7通貨へ対応し空港内郵便局での受取も可能に | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
物流・決済・業務
更新日2017/09/28 公開日2017/09/26

LINE Pay外貨両替、新たに7通貨へ対応し空港内郵便局での受取も可能に

LINE Payは2017年9月25日に「LINE Pay外貨両替」をアップグレード。これまで対応していた外国紙幣4通貨(米ドル、中国人民元、韓国ウォン、ユーロ)に加え、新たに7通貨に対応し、計11通貨を取り扱う。また、受け取り場所として空港内郵便局も選択可能となる。

 

LINE Pay 外貨両替サービス開始2ヵ月で取り扱い金額2億円を突破

LINE Pay外貨両替サービスは株式会社SBJ銀行との連携サービスで、LINE Pay残高またはPay-easyによる金融機関口座からの外貨購入をスマートフォンから申し込むことができる。また、国内の指定の両替所やユーザーの自宅や職場で外貨を受け取ることができる外貨両替サービスだ。

 

<参考>

LINE Pay外貨両替、初の国内両替所でウォン・ドル・元・ユーロの海外紙幣4通貨への両替が可能に

 

今回のアップデートに伴い、受け取り場所として空港内郵便局の設定が可能になった。また、従来の4通貨に加え、新たに、英ポンド、香港ドル、台湾ドル、タイバーツ、ベトナムドン、シンガポールドル、オーストラリアドルの7通貨の両替が可能となった。

2017年7月24日のサービス開始から約2ヵ月で、「LINE Pay外貨両替」サービスは取り扱い金額2億円を突破。取扱い金額のうち、米ドルが51%と約半数を占め、続いて韓国ウォン(24%)、ユーロ(18%)、中国人民元(7%)と続いている。また、利用者の年代は30代が29%と最も多く、20~40代が合わせて80%と大部分を占めている。受け取り方法は、キャンペーン特典のひとつである宅配無料サービスが活用され、自宅や職場への宅配が89%と最も利用される結果となった。

 

今回の取り扱い通貨の増加は、7月24日から9月15日まで行われたキャンペーンにおいて多く寄せられた、取り扱い通貨の種類を増やしてほしいという要望に応えたものだ。対応通貨の増加と設定できる受け取り場所が追加されたことでより幅広いユーザー層からの利用が期待される。

 

close