【欧州】Amazonフランスは「食」を重要視、実店舗進出も視野に | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
トレンド
2018/03/07

【欧州】Amazonフランスは「食」を重要視、実店舗進出も視野に

フランスのAmazonの事業統括責任者であるFrédéric Duval氏は、いつになるかは定かではないが、フランスのスーパーマーケット部門に参入したい想いがあることを明らかにした。

現地新聞のLe Journal du DimancheによるDuval氏は、Amazonが2016年アメリカにAmazon Freshを出店した時、また昨年Whole Foods Marketを買収した時から、Amazonにとって「食」というのは重要な分野である、と述べている。

Amazonがヨーロッパ内のスーパーマーケット部門において何をするのかに関しては様々な憶測がある。それに対してDuval氏は、Amazonはフランスでサービスを展開したいと強く願っているが、全ての展開はAmazonにとって投資を行う必要があるため、タイミングを見計らいながら行っていくだろうとしている。Duval氏は、Amazon EchoとAlexaを今年中に展開する予定であることも明らかにしているが、スマートアシスタントをフランス語に対応させる時期次第である。

また、Amazonはフランスで今年2,000以上の従業員を採用する予定であり、またフランス語でのコメディー動画を製作中で今年の終わりまでには発表するとのこと。

 

※当記事は欧州メディア「Mobile Marketing Magazine」の3/5公開の記事を翻訳・補足したものです。