LINEの運用型広告配信プラットフォームLINE Ads Platform、LINE BLOG上での広告配信も可能に | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
トレンド
2017/11/09

LINEの運用型広告配信プラットフォームLINE Ads Platform、LINE BLOG上での広告配信も可能に

LINE株式会社が運営する運用型広告配信プラットフォームLINE Ads Platformにおいて、新たにLINE BLOG上での広告配信を開始。月間PV2億超のLINE BLOG上での広告配信により、企業の更なるマーケティング活動の最大化をねらう。

LINE Ads PlatformはLINEアプリ内のタイムラインやLINE NEWSへの広告配信がワンストップで可能な広告プラットフォームだ。2016年6月より本格運用を開始しており、2017年9月末時点で約3,000の企業・ブランドに利用されている。2017年10月からはLINEマンガ上での広告配信も開始している。なお、公式ブログでは、オプションの詳しい説明などが掲載されている。

また、LINE BLOGは、外部への情報発信やファンとのコミュニケーションツールとしてLINEが提供するブログサービスだ。アーティストやタレントなど、著名人をはじめとした多くの一般ユーザーに外部情報発信やファンとのコミュニケーションツールとして利用されている。なお、LINE公式アカウントと連携をしているため、ブログを更新すると公式アカウントのタイムラインにおいて自動的にフィードが投稿される仕組みだ。

 

LINE Ads Platformは、2016年の本格運用より新機能追加や、広告の掲載先の拡大といったサービスの拡充を行っている。今回、掲載先として追加されたLINE BLOGは多くの著名人が利用しているため、読者の年齢層が幅広く、広告主はより様々な層にリーチできることが期待される。

 

<参考>

LINE Ads Platformが新たに2つのオプションメニューを提供開始