リピート通販に特化した「リピートPLUS」と対話型接客ツール「qualva」が連携を開始 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」

EC業界で最も深く、鋭く、分かりやすいメディア「eコマースコンバージョンラボ」メルマガ登録はこちらから!業界の最新ニュースとトレンドをお届けします!

  • follow us in feedly
トレンド
更新日2020/07/07 公開日2020/06/26

リピート通販に特化した「リピートPLUS」と対話型接客ツール「qualva」が連携を開始

総合通販から定期通販のカートシステムの開発・提供及び運営を行うw2ソリューション株式会社が提供する定期通販カートシステム「リピートPLUS」が、デジタルマーケティングシステムの開発・提供及び運営を行う株式会社PROFESSYの提供している対話型接客ツール「qualva(クオルバ)」と連携を開始した。

 

両社が連携することで大きく分けて3つのメリットがある。

 

1つ目は顧客の離脱防止・優良顧客の育成が可能となることだ。qualvaでは、チャットシステムやユーザに慣れ親しんだデザインにより、離脱の防止が出来るようになる。一方、リピートPLUSでは、CRM/MA機能による顧客への販売促進から定期注文引き上げなどの優良顧客育成が可能となる。

2つ目はコンバーション率の改善で、入力内容の復元やAI音声認識の機能によるユーザの入力負担を軽減することで、コンバーション率を高めることが出来る。

3つ目は業務効率の改善・オペレーションコストの削減で、リピートPLUSでは、受注から出荷管理カスタマーサポートを一元に管理し、業務効率の改善を可能としている。さらにqualvaではシナリオ型ボットによる自動応答により顧客へのオペレーションコストの削減が出来る。

 

これらのメリットによって、ECサイト利用者は、より多くの顧客を獲得が可能になることが期待される。また、コンバージョン率の改善において、2020年株式会社PROFESSY調査で、qualvaを入れたウェブサイトは通常に比べ、コンバージョン率が約1.2~4倍の向上が期待出来るとの結果が出ている。よって、コンバージョン率、業務効率の改善やコスト削減によって、売り上げ向上に繋げることも期待出来そうだ。

 

close