BtoB受発注電子化/自動化ツール「楽楽B2B」がAPIを公開 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」

EC業界で最も深く、鋭く、分かりやすいメディア「eコマースコンバージョンラボ」メルマガ登録はこちらから!業界の最新ニュースとトレンドをお届けします!

  • follow us in feedly
BtoB EC
更新日2020/06/15 公開日2020/06/12

BtoB受発注電子化/自動化ツール「楽楽B2B」がAPIを公開

株式会社ネットショップ支援室は、企業間の取引を電子化するB2BカートWEB受発注システム「楽楽B2B」において、受注・顧客関連情報が取得できるAPI機能「楽楽B2B API」の提供を6月9日より開始した。

 

「楽楽B2B」では企業間取引において発生する各受注チャネルからの情報を一元管理し、取引先毎に価格や販路を設定し、決済を実行している。その前後工程で基幹システム、販売管理システム、会計システム、物流管理システムなどとのデータ連携が今回の「楽楽B2B API」により可能になる。

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%891-min

 

「楽楽B2B」はリリース以来、「BtoB/企業間取引を電子化・自動化したい」という企業に多数導入されてきた。その多くは基幹システム、販売管理システム、会計システム、物流管理システムなどを既に導入していて、データ連携によりシームレスな企業間取引を行いたいという要望を多数あった。

そういった要望には、これまで個別機能追加やミドルウェアの開発などでサポートしていたが、今回のAPI公開によりスピーディー/シームレスな連携を図るとのこと。

 

close