キャッシュレス決済利用回数は前年比20%増、1回あたり利用額は前月比7.9%減 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
物流・決済・業務
更新日2019/11/11 公開日2019/11/04

キャッシュレス決済利用回数は前年比20%増、1回あたり利用額は前月比7.9%減

株式会社マネーフォワードは、2018年4月以降にお金の見える化サービス「マネーフォワード ME」ユーザーかつ「マネーフォワード クラウド会計・確定申告」を利用していないユーザーをランダムに抽出し、1576名に対し「キャッシュレス決済利用実態調査」を実施した。

 

調査の結果、2019年10月の個人のキャッシュレス決済利用回数が、昨年と比較して20%増加し、2018年10月と比較すると月平均24回だったのが、2019年10月は月平均29回で、5回増となっている。

 

また、2018年9月と10月の個人のキャッシュレス利用回数は29回と変化は無かったが、2019年9月の1回あたりのキャッシュレス決済額は平均4,129円、2019年10月は平均3,801円となり、7.9%の減少していた。
今回の調査では、「キャッシュレスの利用回数は増加するも、決済額が減少する」というのが特徴的である。この理由として、10月1日から経済産業省が主体で実施している「キャッシュレス・ポイント還元事業」等の寄与により、日常的な支出においてキャッシュレス化が進み、金額が小さい買い物でも利用されるようになったことが考えられる。

 

 

close