ショップサーブがヤマト運輸の「EC自宅外受け取り」を導入 | 国内ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
物流・決済・業務
2019/02/22

ショップサーブがヤマト運輸の「EC自宅外受け取り」を導入

株式会社Eストアー(以下、Eストアー)はヤマト運輸株式会社(以下、ヤマト運輸)の「EC自宅外受け取り」を採用。2月20日より通販システム「ショップサーブ」を利用するネットショップでの商品購入時に全国26,500カ所以上のヤマト運輸営業所やコンビニエンスストア、オープン型宅配便ロッカー「PUDOステーション」を受け取り場所として指定できる機能の提供を開始した。

これにより、ショップサーブを利用するネットショップにとっては、商品の受け渡し方法を彩に用意できるため、購買促進に繋がることが期待され、返品率削減にも効果を発揮する。なお、2019年1月末実時点における受け取り拠点は、ヤマト運輸の営業所(約4,000ヵ所)、コンビニエンスストア(約19,000ヵ所)、オープン型宅配ロッカー「PUDOステーション」(約3,500ヵ所)で利用料金は無料だ。(別途宅配便の運賃が必要。)

 

ショップサーブとは

Eストアーが提供するショップサーブは2006年より提供を開始したサービスで、サイト構築からドメイン、メール、各種決済、受注や顧客の管理システムなどネットショップ運営に必要な機能が1つになったネット通販システムだ。各システムは、蓄積されたデータをもとに「買われる」ための観点から設計され、専任の担当者によるサポートが提供されている。

 

今後、Eストアーとヤマト運輸は「クロネコメンバーズの利用者に対するショップサーブのマイページ上で宅配状況を確認できる昨日の開発など、連携を更に深めていくという。

 

 

close