ブランジスタがcafe24と連携開始、海外販売支援に注力 | 国内ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
  • follow us in feedly
越境EC
2018/12/07

ブランジスタがcafe24と連携開始、海外販売支援に注力

株式会社ブランジスタ(以下、ブランジスタ)は、グローバル展開が可能な無料ECプラットフォーム「cafe24」を運営するcafe24japan株式会社と連携し、cafe24利用促進やブランジスタの顧客であるEC事業者が販売している年間数百億円の流通商材の海外販売支援などを開始する。

 

cafe24の利用促進と海外販売支援を強化

cafe24の利用促進としては、ブランジスタが全国的に展開している営業リソースを活用した新規利用客の獲得を実施。また、ブランジスタのクライアントに対するcafe24利用促進と越境EC支援強化として、同社が提供する在庫一元管理システム「まとまるEC店長」とcafe24を連携させることで国内EC事業者のグローバル販売を実現する。さらに、新たにcafe24を利用するEC事業者に対しては、10年以上にわたって培ってきたノウハウを活用したECサポートサービスを提供。cafe24プラットフォーム内で「まとまる店長」や「SOKURESU」といったブランジスタの各種サービスの利用促進を行っていく。

 

グローバルECプラットフォーム「cafe24」とは

cafe24はネットショップ構築、決済、配送、広告・マーケティング、モール連携等国内外のECビジネスに必要なあらゆるサービスをワンストップで提供している。

初期費用、月額使用料などは無料で始めることができ、ネットショップの基本セットやショップデザインなど提供されるため最短5分でショップ開設ができる。また、グローバルへ進出する際は、既存のアカウントで国別のネットショップ作成が可能で最大6ヵ国への展開ができる。現在、cafe24は日本、アメリカ、中國、台湾、フィリピン、韓国など世界9ヵ所の拠点でEC市場やトレンド分析を行い、進出先にあわせたプラットフォームを高度化している。

 

これまで10年以上にわたり、400社、1,000サイト以上に「ECサポートサービス」を提供してきたブランジスタ。今回のcafe24との連携で国内EC事業者のグローバル販売を実現し、クライアント企業の事業規模の拡大を支援することで、同社の海外展開の拡大と更なるEC支援業務の受託増加を図っていく。