Amazon Businessで「Businessプライム」の提供開始、アカウント内で購買コントロールが可能に | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
物流・決済・業務
公開日2018/10/26

Amazon Businessで「Businessプライム」の提供開始、アカウント内で購買コントロールが可能に

Amazonは法人・個人事業主向け購買専用サイトAmazon Businessにおいて、有料会員システム「Businessプライム」の提供を開始した。Businessプライム会員はお急ぎ便の無料利用が可能になるほか、購買傾向の分析や視覚化、購買行動をコントロールするための機能を利用することができる。

 

Businessプライムで、お急ぎ便の無料活用、購買分析ダッシュボード機能、購買コントロール機能の利用が可能に

Businessプライムでは、1,800万点以上のプライム配送対象商品の当日お急ぎ便、お急ぎ便、お届け日時指定便が無料で利用できる。なお、注文金額にかかわらず、Amazon.co.jpが発送する商品の通常配送便が何度でも無料で利用可能だ。

また、購買分析ダッシュボード機能ではAmazon QuickSightを活用し、ユーザーの購入実績を高度なグラフィックに視覚化することが可能だ。これにより、データのダウンロードや分析に費やす時間を削減して購買傾向の判断ができる。

分析では、注文書番号、請求書、サプライヤー、アカウントグループ、購買カテゴリーなどから情報を掘り下げることができ、任意に設定した支出目標やコスト削減目標に対してリアルタイムで状況をモニタリングできる。

さらに同機能では、購買分析における設定者と参照者といった二つの役割を割り当てることが可能だ。設定者は、ビジネス目標と社内管理指標に基づいてダッシュボードを作成し、参照者はダッシュボードのデータを参照し、意思決定に必要な詳細分析を行う。会員プランによりそれぞれの役割に振り分けることができる人数は異なり、初期設定以上の人数に権限を与えたい場合は別途課金が必要だ。

購買コントロール機能では、Amazonビジネスのアカウント管理者は推奨する販売事業者や製品を特定し、購入を控えるべき商品を制限することで自社の方針や推奨を明確に周知させることができる。組織の購買活動を統制し、時間削減のためのルール策定や予算の最大活用に役立つ機能だ。具体的には、購買ルールを作成すると、関連する製品の詳細ページと検索結果にルールが表示されたり、購買者にむけた管理者からのカスタムメッセージを表示することが可能だ。

この他、適合商品がある場合のみ代替商品オプションの自動表示や特定の商品または販売者を目立たせる機能を利用することができる。

 

ビジネスアカウントの登録ユーザー数に基づいた4つのプラン提供

Businessプライム会員への登録では、ビジネスアカウント登録ユーザー数に基づいて料金が異なる。

最大3ユーザーまで登録可能なEssentialsプラン(年会費3,900円税込)、最大10ユーザーまで登録可能なSmallプラン(13,500円税込)、最大100ユーザーまで登録可能なMediumプラン(37,800円税込)、ユーザー数無制限のUnlimitedプラン(270,000円税込)が用意されている。

なお、購買分析ダッシュボード機能と購買コントロール機能は、Essentialsプランでは利用できないため注意したい。

 

送料無料だけでなく、自社の購買行動の分析や購買行動のコントロール機能を利用できるBusinessプライム。とりわけ購買分析ダッシュボード機能と購買コントロール機能は、組織内の購買活動の効率化やコスト削減に有効的に働くことが期待される。

 

<参考>

法人・個人事業主向け購買専用サイトAmazon Businessを日本でもスタート

Amazon Businessが展開中の世界8カ国で年間100億ドル強の売上を達成

 

close