Amazon、藤井寺に続き八王子にも新しい物流拠点を展開 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
物流・決済・業務
2017/09/12

Amazon、藤井寺に続き八王子にも新しい物流拠点を展開

Amazonは、国内16カ所目となる物流拠点「アマゾン八王子FC(フルフィルメントセンター)」を開業、2017年11月に稼働を予定している。

アマゾン八王子FCは、今年の10月に稼働が予定されている大阪のアマゾン藤井寺FCに続いて、16カ所目の物流拠点となる。面積は約11,000坪で、中央自動車道の八王子インターから約5km以内の場所での開業となるようだ。

なお、八王子での物流拠点展開に関して、多くのユーザーがいる首都圏エリアに新しいFCを開業することで、豊富な品揃えの拡張と、在庫スペースを確保を行い、より質の高いサービス提供をしていくという。

 

大阪の藤井寺FCに続いて、約1ヵ月で更なる物流拠点の稼働を予定するAmazonであるが、配送の質を高めるために物流拠点の確保は必須だ。今回稼働予定が発表されたアマゾン八王子FCは、中央自動車道の八王子インターチェンジから近い場所に展開され、首都圏内の物流網の強化が期待される。

 

<参考>

アマゾンが大阪に新しい物流拠点を展開