スペインのドラッグストアPromofarma、医薬品など1時間配達サービスのテスト開始 | 海外ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
  • follow us in feedly
物流・決済・業務
2018/10/15

スペインのドラッグストアPromofarma、医薬品など1時間配達サービスのテスト開始

スペインのドラッグストアチェーンPromofarmaは、今よりもさらに迅速に消費者の元へ商品を届けることを目指し、1時間配達サービスの試験運用を開始した。この新しいサービスは、初めはスペインでのみ行い、のちに他のヨーロッパ諸国でも展開する計画だ。

将来的に1時間以内の商品配達を目指すPromorarma。同社のeコマースサイトは、スペイン国内に500店舗の薬局ネットワークを持ち、国内で1時間配達サービスのテストを始めた。Promorarmaのスペインでの事業は、2ヶ月前にスイスを拠点とする大手医薬品小売企業Zur Rose Group に買収されたばかりである。

 

Promofarmaのネットワークを利用して1時間配達を目指す

「Promofarmaのオンラインストアによって、私たちはスペインで1時間以内に当社の医薬品を配達することができる」と、Zur Roseの子会社でオランダを拠点とする医薬品ネット通販会社DocMorrisの最高経営責任者Olaf Heinrich氏がドイツのビジネスニュース誌WirtschaftsWocheに語った。 Heinrich氏は、この1時間配達サービスはドイツにおいても実現可能だろうと考えているという。なお、現在DocMorrisは、注文を受けてから通常24時間以内で医薬品を配達している。

 

フランス、スペインにも拡大

WirtschaftsWocheは、業界関係者の話として、DocMorrisはドイツのEC薬局業界にも参入するAmazonに対抗する意向であると伝えている。オランダに本社を持つDocMorrisは、1時間配達サービスのスペイン以外への拡大も検討。「われわれは、来年にはフランスイタリアでもサービス展開したい」とHeinrich氏は語った。

 

Promofarmaについて

Promofarmaは数百種類もの薬局や製造会社の商品を販売するオンラインマーケットプレイス。eコマースウェブサイトを通じて、スペインの薬局で一般に売られているあらゆる種類の健康、美容、パーソナルケア製品を販売している。ヨーロッパ20カ国で展開しており、昨年の総収入は1,900万ユーロであった。

 

※当記事は英国メディア「E-Commerce News Europe」の10/5公開の記事を翻訳・補足したものです。