メルカリが「あんしんスマホサポート」を提供開始、中古スマホ取引における不安解消をねらう | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
  • follow us in feedly
トレンド
2018/09/13

メルカリが「あんしんスマホサポート」を提供開始、中古スマホ取引における不安解消をねらう

株式会社メルカリは、ヤマトロジスティクス株式会社が提供する中古スマホ検査サービスを「メルカリ」内に導入、中古スマホを安心に売買できる「あんしんスマホサポート」を9月11日より提供開始した。中古スマホ販売で必要なデータ削除や初期化の手続きを代行し、中古スマホ売買における不安解消をねらう。

 

データ削除からクリーニングまでプロが行うことで、中古スマホ取引への不安を解消

「あんしんスマホサポート」では中古スマホを販売する際に必要なデータ削除や初期化等の手続き、端末のクリーニングなどを代行して行い、商品の安全性を保障する。また、検査業務の中では中古端末の動作確認など再流通の可否を判断する他、再流通可否を判断する。

これにより出品者は、データ削除など煩雑な作業をする手間が省かれ、個人情報流出や販売後に購入者が使用できないといったトラブルを受けることなく安心してスマートフォンを出品できる。また、購入者側も安全性が保障された商品を購入できるため、端末が正常に機能するかといった不安解消につながる。なお、出品者は商品の出品時に「あんしんスマホサポート」を選択し、その他の手続きは通常の「メルカリ」出品時と同じだ。

料金は、1台あたり1,880円(税込)であり、「らくらくメルカリ便」で配送される。

なお、データ削除においては、PCやスマートフォンの消去ソフトウェアやスマートフォン向け故障診断ソフトウェアを提供する株式会社ブランコ・ジャパンライセンスにより確実なデータ消去を行うとのこと。

 

メルカリが2018年2月に実施した「スマートフォン処分方法調査」によると、インターネットのオークションやフリマサービスでスマホを処分しない最大の理由が「個人情報への不安」であることが判明した。今回のサービス導入により、中古スマホの売買における消費者の不安解消を狙う。今後は、中古スマホの需要に合わせ、外部サービスを導入し、より安心して中古スマホの取引ができるサービスを提供していくという。