企業間後払い決済サービス「MF KESSAI」とBtoB ECカート「楽楽B2B」が連携 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」

EC業界で最も深く、鋭く、分かりやすいメディア「eコマースコンバージョンラボ」メルマガ登録はこちらから!業界の最新ニュースとトレンドをお届けします!

  • follow us in feedly
BtoB EC
更新日2020/08/04 公開日2020/07/29

企業間後払い決済サービス「MF KESSAI」とBtoB ECカート「楽楽B2B」が連携

MF KESSAI株式会社が提供する企業間後払い決済サービス「MF KESSAI」と、株式会社ネットショップ支援室が提供する、企業間の取引を電子化するB2BカートWEB受発注システム「楽楽B2B」が連携を開始した。

 

この連携により、「楽楽B2B」利用企業は、受発注業務の電子化に加え、請求業務をオンラインで完結できるようになる。さらに取引先の与信審査ができるため、新規顧客の拡大にも繋がる。

 

「楽楽B2B」は、企業間のアナログな商取引を電子化し、オンラインで受注・発注ができるWEB受発注システムだ。これまでのアナログな取引で発生する紙の注文書をデータ化し、オンライン上で一元管理することで、受発注における管理業務の負荷を削減することができる。

 

一方、「MF KESSAI」は、企業の与信審査から請求書発行、代金回収等の請求に関する一連の業務を一括して代行する企業間後払い決済サービスで、請求から代金回収までの全ての請求業務を代行することで、企業が抱える請求業務の負荷や資金繰りの不安を解決する。

 

現在、新型コロナウイルス感染症拡大を防ぐため、テレワークの実施が薦められる中、テレワークを導入するには、従来の紙書類の電子化を進める必要性と企業のデジタルトランスフォーメーションが求められている。

しかし近年、BtoB EC市場の市場規模が拡大し、企業間の受発注業務の電子化が加速している一方、請求業務においては、取引先の状況に合わせて紙の請求書を用いるなど、アナログ対応をしているケースもあり業務が煩雑になっているといった課題がある。

 

こうした課題を解決する為、今回「楽楽B2B」と「MF KEESSAI」が、サービス連携する運びとなった。

今後も両社は、企業のデジタルトランスフォーメーションを支援することで、業務負荷の軽減と生産性の向上をサポートしていくとのこと。

 

close