京東が「越境EC体験センター」を開設、海外商品のリアル体験で購買促進を狙う | 海外ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
  • follow us in feedly
越境EC
2018/12/14

京東が「越境EC体験センター」を開設、海外商品のリアル体験で購買促進を狙う

中国、大手EC&小売インフラカンパニー京東集団は、2018年11月30日に重慶市に京東初となる「京東越境EC体験センター」をオープンした。

同体験センターは、京東の「ボーダーレスリテール」(オンラン・オフラインの境界すらも超え、快適に消費できる世界)の理念に基づき開設され、海外の商品を購入前に体験できる店舗だ。世界各国の商品を数多く揃え、海外商品を実際に手に取って体験できる。これまで、オンラインでの海外商品に関する情報は説明と写真のみによるもので、商品の良さが伝わりきらないという課題があった。だが、同センターでは実際に商品に触れることで、安心してオンライン上で商品を購入でき、さらには中国の消費者にまだ知られていない海外商品を知ってもらうきっかけになることが期待される。

今後、「京東越境EC体験センター」は上海市、広州市、寧波市、杭州市などの都市でオープンする予定だ。京東は、この小売モデルが各都市に広がり、京東物流がもつ先進技術と培われた経験を活かすことで世界の物流効率の向上に貢献していくとしている。