生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」提供開始、受取り場所は学芸大学周辺からスタート | 国内ニュース | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
トレンド
公開日2018/09/20

生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」提供開始、受取り場所は学芸大学周辺からスタート

クックパッド株式会社は生鮮食品ネットスーパー「クックパッドマート」のiOSアプリを提供開始。商品の受取り場所は学芸大学周辺の「なんでも酒やカクヤス 学芸大学前店」「カラオケの鉄人 学芸大学店」の2店舗でスタート、都市圏を中心に順次拡大を予定している。

 

5店舗の食材を、学芸大学周辺で受け取り可能に

クックパッドマートは、生鮮食品をスマホアプリから簡単に注文することができる生鮮食品ネットスーパーだ。従来のネットスーパーや生鮮宅配サービスと異なり、街の精肉店や生鮮店などの販売店や地域の農家といった生産者など、小規模事業者や個人事業主が参加できる。

 

<参考>

クックパッドが生鮮食品ネットスーパーを開始

 

現時点で利用可能な地域の販売店は5店舗。鶏肉専門店 信濃屋、創業70年以上も続く精肉柳屋、マグロ専門店ととぶつや、無農薬栽培を行う綾善、露地栽培のやすだ農園だ。

商品の受け取りは、地域の様々な店舗・施設等に設置された受け取り場所の中から好きな場所を選び、店舗・施設の営業時間内であれば好きな時間に受け取ることができる。

 

地域の精肉店や鮮魚店などの販売店や農家などの生産者が提供する「こだわり食材」を購入するには「実店舗での購入」や「お取り寄せ」が主な方法だ。そこでクックパッドマートでは小規模な販売店・生産者が負担なく参加できるプラットフォームの構築、出荷当日に利用者に届ける仕組みにより「美味しい食材を新鮮なうちにお届け」することを実現する。取扱い店舗の拡大には、「受け取り」場所の増加が必要であり、店舗や空きスペース保有者の協力が不可欠だ。同サービスは多くの参加者を得ることができるのか、今後の動向に注目したい。

 

 

close