インアゴーラが機内誌を利用したブランディングメニューを提供 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
トレンド
公開日2018/08/01

インアゴーラが機内誌を利用したブランディングメニューを提供

インアゴーラ株式会社(以下、インアゴーラ)は東方航空伝媒有限公司と同社が発行する中国王手航空会社「東方航空」の機内誌において、中国のお客様向けの日本商品のブランディング・プロモーションを目的とした戦略的パートナーシップを締結した。これに伴い、インアゴーラのクライアントは東方航空の機内誌を利用したブランディング活動が可能となる。

 

東方航空の機内誌でブランディング活動が可能に

今回のパートナーシップ締結により、東方航空の全便のシートポケットに搭載されている機内誌「東宝航空」と連動し、日本のライフスタイルを提案する中国人観光客向けカタログ「豌豆公主」をブックインブックで構成し、配布する。これにより、インアゴーラのクライアントは「東方航空」ユーザー基盤を活用し、観光客以外の中国消費者に対しても効果的なブランディング・プロモーション活動を行うことが可能となる。

今回インアゴーラがパートナーシップを締結した東方航空伝媒有限公司は、主に東方航空のブランディんングを目的とした広告メディアの企画開発・運営を行っている。発行する機内誌「東方航空」は創刊30年を迎える中国の国家新聞出版広電局が許可した公式な機内誌で閲覧率90%をする。

 

インアゴーラと東方航空伝媒有限公司は今後、双方が持つノウハウを活用し、高いリーチ力とマーケティングノウハウを活用した効果的なブランディングと、中国の商戦期やユーザーニーズに合わせた販売促進を効果的に実現し、日中の双方に拠点を構えるインアゴーラならではの中国消費者向けのブランディング・プロモーション活動の支援サービスそ提供していくという。

 

 

close