ピンタレスト、検索連動広告サービスを全企業対象にスタート | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
マーケティング
公開日2017/11/06

ピンタレスト、検索連動広告サービスを全企業対象にスタート

ピンボード風の写真共有ウェブサイトであるPinterest は、2017年の初めにパートナー対象のサーチ広告(検索エンジンの、検索結果画面に掲載されるクリック課金型のインターネット広告)を導入した後、Ads Managerツールに一連のソリューションを追加。すべての企業に対してサーチ広告を可能にした。

Ads Managerにサーチ広告ツールを追加することで、企業は特定の商品を検索する顧客をターゲットに関連商品広告を打つことができる。

サーチ広告を使用すると、幅広いフレーズ一致キーワードから完全一致キーワードまで 、ターゲットとする閲覧者の幅に応じてターゲットを絞ることができる。さらに関連性を高めるために特定のキーワードを除外することもできる。

「毎月Pinterestでは20億以上の検索が行われている。そして、これらの検索の97%にはブランド詳細がない。こうしたことから、Pinterestは購入意欲の高い人々に対してアプローチする効果的な場所なのだ。さらにPinterestのような視覚的なアプローチは、新しいものを試してみるように促すアイデアを簡単に見つけ出すことができる」とPinterest社のサービス広告責任者Umesh Unnikrishnan氏はブログで語った

Pinterest社はまた、自動ターゲット機能のTaste Graphをテストしている 。この機能は、Taste Graphの洞察を介して、ユーザーの興味に関連するアイデアをサーチに上げる事が出来るというものだ。

 

※当記事はオンラインメディア「Mobile Marketing Magazine」の10/19公開の記事を和訳、補足したものです。

 

 

 

close