【米国】2017年上半期、69%のアメリカ人はAmazonでアパレルを購入 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • follow us in feedly
トレンド
更新日2017/11/01 公開日2017/10/31

【米国】2017年上半期、69%のアメリカ人はAmazonでアパレルを購入

Morgan StanleyのシンクタンクAlphawiseの調査によると、69%のアメリカ人は過去半年間にAmazonからアパレルを買ったという。この値は前年比10ポイント増である。

また、61%の人はAmazonに対して、好印象を持っており、この値は前年比14ポイント増となっている。また、42%の訪問者がAmazonでアパレルに使う金額が年々増えている。このようにAmazonは米国の消費者心理においても占有率を依然として増している実情がデータから読み取れる。

市場調査会社Cowen&coレポートによると、Amazonは今年Macy’sを超え、アメリカ最大のアパレル販売会社になると予測している。2018年にはAmazonのアパレルの売上が30%増加し、280億ドルに達する見込みだ。現在、Amazonはアメリカアパレル市場に占める割合が6.6%、この値は5年以内に16.2%まで増加する見込みだ。

 

※当記事は中国メディア「雨果網」の10/24公開の記事を翻訳・補足したものです。

 

 

 

close