SHOPLIST、Tmall国際に日本初のモール型通販サイトとして出店 | EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
  • google+
越境EC
2017/08/08

SHOPLIST、Tmall国際に日本初のモール型通販サイトとして出店

クルーズ株式会社は、連結子会社であるワールドリンク株式会社を通じて、越境ECプラットフォームTmall国際にて、SHOPLISTの出店を開始した。

Tmall国際はアリババグループが運営する中国の総合オンラインショッピングモールTmallの越境ECプラットフォーム。日本のブランドは、SHOPLIST Tmall国際店を通じて出店することで、直接Tmall国際に出店するよりも、より簡単に中国EC市場への参入をすることができる。

 

中国のユーザーが日本のファッションブランドをまとめて購入できるモール型通販サイト

SHOPLIST Tmall国際店は、中国のユーザーが日本のファッションブランドをまとめて購入できる越境ECサイトとなる。また、Tmall国際において、日本のモール型通販サイトは、SHOPLISTが初めてである。出店ブランドは、国内のSHOPLISTとは多少異なり、中国に初進出のブランドや、逆に国内に出店のないブランドが中国のみに出店しているケースもある。

 

SHOPLISTを通じてより簡単に中国へ向けた販売が可能に

日本のブランドやメーカーがTmall国際に出店する場合は通常、独自での出店手続きが必要で、厳しい出店審査が設けられている。このため、その手続きの複雑さや運用面での難易度の高さから出店には高いリスクを伴う。

一方で、SHOPLIST Tmall国際版は、日本国内のSHOPLISTと共通したシステムを使用しているため、日本語に対応した管理画面から商品登録をしてSHOPLISTの物流センターに商品を納入するだけで、中国へ向けた商品の販売ができる。

なお、配送料は購入金額など、一定の条件により無料となるが、基本的に中国のユーザー負担だ。

 

CROOZは今後も、ファッションだけでなく多様なジャンルの販売商品を展開することで中国市場での消費者開拓を進めていくという。Tmall国際における、日本初のモール型ショッピングサイトの出店も果たし、EC業界におけるCROOZの存在感はますます大きくなりそうだ。