千趣会が2月2日に発表した2016年12月期連結業績によると、衣料品販売の低迷などにより売上高は前期比3.9%減の1290億7400万円となった。一方で、前期は53億円の最終赤字となっていたが、売上原価の改善、物流費の低減などにより14億2000万円の黒字となった。