• google+
マーケティング
2017/02/13

【事例】リピスト/PRECS⇒フィッツオンラインストア デザインの自由度と定期購入との親和性が決め手

リピスト/PRECSを導入したフィッツオンラインストアとは

 

フィッツオンラインストアは、香水メーカである株式会社フィッツコーポレーションリピスト/PRECSを利用して開設した、フレグランスやヘアケア商品を中心に取り扱っているECサイトである。

 

新作フレグランスの先行販売や、オンラインストアだけで取り扱う限定商品をはじめとしてメーカーでしか取り扱うことができない品揃えが強みとなっている。クリスティアーノ・ロナウド、ワン・ダイレクション、アリアナ・グランデなどの有名人プロデュースの香水なども多数取り扱っている。

 

 

リピスト/PRECSとは

 

リピスト/PRECSは、単品通販・リピート通販に特化したショッピングカートASPサービスだ。豊富なステップメールや商品ページ一体型申込フォームが特徴的なサービスで、アップセル機能、会員属性(顧客ランク機能)、広告効果測定、電話受注対応システムなどの機能もあるため、初心者の方から本格的なECサイト事業者様まで幅広く対応している。

 

 

導入するにあたっての課題意識

 

リピスト/PRECS導入前は別のパッケージ型のシステムを利用してEC運営を行っていた。しかし、ECサイトは新規に施策を行う際や、トレンドに追従するために機能や画面構成を定期的に見直す必要がある。しかしパッケージ型だとその仕組み上仕方のないことではあるが、そのような時にも比較的多額の開発費用が別途必要となっていた。そのためサイトのシステム面の運用コストがかかってしまう、という課題があった。一方でASP型のカートサービスは機能の充実が進みパッケージと遜色ないことを行えるものが増えて来ている。また、ASP型だと最新の機能が随時無料でサービスに追加されていくため、開発費用が発生しないことが魅力で、ASP型のカートサービスへの切り替えを検討していた。

 

 

このサービスを選んだ決め手

 

ASP型のカートは市場にも多数存在しているが、香水という商材特性に一番マッチするのがリピスト/PRECSだと感じたことが決め手となった。香水を取り扱うサイトなので、高いレベルでのデザイン性が求められ、かつ定期購入にFITした商材のため定期購入との親和性が必要だ。リピスト/PRECSは、デザインの自由度が他のカートに比べて高く、ECサイトに定期購入機能の実装が可能だったため、ニーズを高いレベルで満たすことができた。また、顧客ランクをはじめとするマーケティングに関する機能もデフォルト機能として実装されていた点からリピスト/PRECSを新たなシステムとして決定した。

 

 

サービスを導入してよかった点

 

やはりデザインの自由度が高く、トップページや、カテゴリ・商品ページを自由に作成可能だったことや、以前のパッケージ型システムでは実現できていなかったLP一体型の購入フォームの作成も可能になった。特にLP一体型の購入フォームについては、LPからの離脱率低下に大いに役立っている。そして、機能が随時追加されていくところや、後払い決済の自動処理などの、外部との連携に関する機能が豊富な点も非常に便利なポイントだ。

フィッツオンラインストアでは、芸能人の方とのタイアップ商品などで大きなリリースを打つことが度々ある。(以下はアリアナ・グランデプロデュースの香水紹介ページで使用されている画像)

precs003

そのような場合には、一度に多くのお客様がオンラインストアを訪れるため、サーバー強化などが必要になるが、そのような対応も柔軟に行ってもらうことができた。

 

 

今後の展望について

 

今後のフィッツオンラインストアは、時期は未定であるが、以前からの課題であった定期購入商品を充実させることと、既存のお客さまへの情報発信の強化を行っていきたいと考えている。オンラインストアでの先行販売や限定品など、メーカー直販でしかできないような品揃えに関しても、引き続き強化していくつもりだ。

 

 

事例で紹介しているサービスに関する

資料を無料でダウンロードできます。