[終了]アイル、DXで加速するBtoB受発注のデジタル化に向けた、課題解決オンラインセミナーをネクスウェイと無料共催

 

企業向け業務管理システム開発・提供の株式会社アイルと、TISインテックグループの株式会社ネクスウェイは、2021年5月13日(木)に、受発注業務のデジタル化を検討されている事業者さまに向けて、「DXで加速するBtoB受発注業務のデジタル化~Withコロナ時代のBtoB ECの秘訣とラストワンマイルのつなぎかた~」オンラインセミナーを無料で開催します。

コロナ禍を契機に、日本の各企業でDX(デジタルトランスフォーメーション)化・デジタル化が一気に進んでいます。この流れのなかで企業間における受発注業務も、「BtoB EC導入」や「FAXの電子化」などのデジタル活用により、「FAX・メール・電話」といった従来のアナログな手法からの変革が求められています。その一方で、中堅・中小企業の受注業務における実態調査を独自に実施したところ、日本で利用されている受注方法のうち、第1位は未だに「FAX」というのが実情です。

その背景には、受発注業務のデジタルシフトを検討しつつも、「得意先との取引はFAXが主流で、手段を変えるのは難しい」「BtoB EC導入を検討しているが、得意先に利用してもらえるか不安」といった課題が多くあります。

当オンラインセミナーではこうした悩みを抱えている事業者さまに向けて、BtoB EC導入・利用向上を推進するうえで重要なポイントと、FAXでの取引を残しつつ業務をデジタル化する方法を解説します。

 

本セミナーは終了致しました。

 

 

セミナー内容紹介

 

■第一部 15:00~15:35 アイル

712社の企業アンケートからわかる受注業務の企業課題とこれから始めるBtoB EC構築のポイント

コロナ禍をきっかけに各企業が「デジタル化」といった大きな変化を求められるなか、700社以上の中堅・中小企業を対象に受注業務の実態調査を実施。
その結果、在宅勤務の実態やアナログ業務での課題、受注業務におけるシステム活用状況が見えてきました。
業務のデジタル化は意識しているものの、何から始めるべきか、どう進めていけばよいのか手探り状態であるといった課題が浮上しています。
受注業務のデジタル化(BtoB ECサイトの構築)を進めるうえで、業務効率化や売上創出といった効果を引き出すために重要なポイントを、BtoB EC導入済み企業さまの「生の声」とともにお伝えします。

 

■第二部 15:35~15:50 ネクスウェイ

アナログなFAX 受発注業務の効率化・改善ポイントのご紹介

BtoB ECを導入した場合も、取引先によっては、FAXでの受発注を求められることもあるでしょう。
FAXという手段を残したうえで、紙を用いたアナログなFAX受発注業務を電子化・ペーパーレス化することが、新たなワークスタイルの確立や業務改善の第一歩となります。
FAX電子化ソリューションと、コロナ禍におけるFAX業務の在宅勤務を可能にした事例をご紹介します。

 

本セミナーは終了致しました。

 

 

講師紹介

 

松岡 憲二(株式会社アイル BtoB EC推進統括本部)
ベンチャー系ECベンダーにてセールスプランナー、ECコンサルタント、事業責任者として十数年従事した後、株式会社アイルに入社。大規模ECサイトからASPカート利用のスタートアップサイトまでさまざまな種類のサイト構築を経験。BtoCとBtoB、両方のノウハウを併せ持つことが強み。

 

金子 宗太朗氏(株式会社ネクスウェイ ビジネスソリューション事業部 営業リーダー)
2016年ネクスウェイに中途入社。入社後、FAXソリューションの営業に従事。特に受発注シーンでのFAXコミュニケーションに特化し、100拠点以上の営業拠点にFAXソリューションを導入。
現在では営業リーダーをしながら、現場顧客の視点を元にサービス強化にも携わっている。

 

本セミナーは終了致しました。

 

 

開催概要

 

開催日時

2021年5月13日(木) 15:00~16:00

 

開催形式

オンラインセミナー(Zoom)

 

参加費

無料

 

定員

100名

 

本セミナーは終了致しました。